みんなで滋賀県の将棋界を盛り上げていこう!

2016年11月に子ども将棋教室である「将太郎クラブ」を設立。将太郎クラブについての日記を中心に書いていく。

将太郎クラブ 〜子どもたちの未来〜

2017-06-19 11:06:47 | 日記
こんにちは。更新が遅くなりすみません。

さて、先週の土曜日も将太郎クラブで子どもたちに将棋を教えてきました。
ここ2週間、始まって30分は詰将棋を用意していき解かせているんだけど、みんな熱心に解いてくれる!
30経過したら実戦に入るんだけど、実戦に入らず詰将棋に釘付けの子も。ほとんどの子は1手詰めをスパッと解いてくれるようになり、3手詰めの訓練中といったところかな。

そして、なんと。。。
子どもたち同士で対戦してて、負けた小学1年生が号泣。必死に慰め、リベンジするよう説得させ、リベンジ戦に勝利!
その子はめっちゃ嬉しそうだった。

僕も、小学生の頃、負けて何度泣いたかわかりません笑
なんか、まるで小さい頃の自分をみているようで、心にぐっと来るものがあった。
小学1年生だから、今年も含めて小学生でいられるのはあと6年。たくさんあるね!
この涙を糧にどんどん強くなって欲しいな!


最後に1つ報告。
この子ども将棋教室に指導で行かせてもらっている立命館大学将棋部は、夏の全国大会をかけた関西予選を全勝で優勝でき、夏の全国大会への出場権を獲得しました。この結果も、みなさんの御声援のおかげだと思っています。ありがとうございます。以上報告させていただきました。


あ、施設の関係で、今週の将太郎クラブはお休みです。
ご了承下さいませ。

ではでは、みなさんも素敵な1日を♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〜子どもたちの活躍〜 | トップ | 将太郎クラブ in 7月1日 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涙の力。 (天童キッド)
2017-06-24 00:04:01
オトナの男は泣けない。まわりの目があるから。子どもはまっすぐ、だから、すばらしい。大人は子どものなれの果て。ユウトの涙、私もこころが動いたぜ。純なきもちをだいじに、子どもたちと将棋研のがんばりを、応援してます!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。