daichanの小部屋

ある平凡な将棋指しの日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

訃報

2015-10-31 13:00:30 | 日記・雑談
数日前のこと、天野君が亡くなったと連絡がありました。
30になったばかりでした。
今日は夕方、お通夜に行ってきます。

彼とよく遊び、戦ったのは二十歳前後のことなので、もう10年以上前になります。
才能豊かな後輩でした。
ガンになってからのことは記事で読んでいて、他人がこういうことを言うのはおかしいかもしれませんが、立派だったな、と思います。
安らかに。

竜王戦第2局は渡辺棋王が勝って、1-1のタイに。
封じ手の局面を観て、これは差がついているのでは?と思ったらやはりその通りでした。
振れ幅が大きいのは糸谷君の魅力でもあります。
それにしても、2局連続横歩取りとは、意表を突くというレベルではないですね。
次はどうなるでしょうか。

今日はマイナビルームで東竜門のハロウィンイベント、府中では女流棋士多数出演して競馬場イベント。
どちらも将棋です。
叡王戦本戦の中継もあり、盛りだくさんの一日です。

この記事をはてなブックマークに追加

結婚式と王座戦

2015-10-27 10:37:08 | 日記・雑談
昨日は常務会、月例報告会とも比較的早い終局。
前向きな話は多く、後ろ向きな話はなし。
頑張ってきて良かった、と思える一日でした。
これから年末に向けてまた大変なことはたくさんあると思いますが、引き続き頑張ります。

終了後は耐震2期工事に向けて業者さんとの打ち合わせ。
1期が無事終わってホッと一息ですが、ここで気を抜くわけにはいきません。

ひと仕事終えてから、王座戦を観戦しつつの帰途。
夕休のところは天彦君、勝ったと思いましたが・・・実際は難しかったようです。
羽生王座は本当にすごいですね。

帰宅すると、友人の結婚式の招待状が届いていました。
30も半ばになるとすこし落ち着くのか?たぶん昨年の村山君以来、1年半ぶりです。
が、それが実は偶然、別の結婚式の翌日で、しかも同じ場所なんですよね。これにはびっくり。
2日続けて結婚式に出席するだけでもかなり珍しいのに、同じ場所となると、一生に一度のことでしょう。

今週の予定は顧問をしていただいている会計事務所のパーティー、赤十字の会合に出席、耐震の打ち合わせや総務の部会など。
また職員募集の書類〆切も今週いっぱいです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

週末

2015-10-24 11:00:37 | 日記・雑談
気がつくと更新が滞っていますね。
どうも一日が早い。一週間も早い。
年と共に、日々を大切にという意識は強くなっていると思いますが、なかなか思うのと実際は違うようです。
Time flies like an arrow.

今日は土曜日ですが、JT杯の準決勝、加古川青流戦の決勝三番勝負、叡王戦本戦と、盛りだくさんの一日。
お近くの方は、ぜひ現地にもお運びください。
週が明けると王座戦5番勝負の最終決着局。どうなるでしょうか。

僕はこの土日はオフで、久々にちょっとした東京観光などする予定。
東京は、人の多さ・満員電車には辟易しますが、やはりそれだけ街として圧倒的な活力があるということでもあるのでしょうね。
最近「インバウンド」なる言葉をよく聞きますが、外国人に来てもらうには、ようは日本が魅力ある国になれば良いのです。
将棋という日本文化も、その一助となれるでしょうし、そうでなくてはいけません。

週明けの月曜日は常務会からの月例報告会という、いつもの流れ。
総務担当としては、いつも通りのことを、いつも通りに、当たり前に進めていくことが、何より大切です。

この記事をはてなブックマークに追加

将棋の秋

2015-10-20 08:54:08 | 日記・雑談
昨日は常務会、記者会に王位就位式など、公務の多く重なった日でした。
その他の用事と合わせて、7本立ての一日。
さすがにめったにないことですが、逆に集中力があってうまくこなせた気がします。

ちなみに今日は予定が4つ、明日は連盟外で2つ。
秋はイベントも多く、例年の感じだとここから年末ぐらいまで、かなり忙しくなりそうです。

新人王戦は菅井君が逆転で優勝。
彼のこれまでの成績を考えると順当と言える結果ですが、大橋三段は惜しかった。
どの将棋も現代風で、早指しにも指し手の内容にも、新鮮な驚きがたくさんあって、見応えのある決勝戦でした。

今週もいろいろ中継盛りだくさんで、A級が昨日と明日の2局。
木曜日は王将リーグ、リコー杯の開幕局など大きな対局が特に重なっていて、スター棋士勢揃いの一日になります。
週末は加古川青流戦の決勝三番勝負に叡王戦の本戦。

将棋の秋を、お楽しみください。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

週末

2015-10-17 08:50:41 | 日記・雑談
この土日は、仕事と呼べるような大きな用事はなし。
カロリーナに会ったり、自分の将棋の勉強や、あとはちょっとしたデスクワークをこなして来週に備える予定。

昨日の竜王戦はすごい将棋でした。
まさかの横歩取りから、対抗形風味のようなそうでもないような、訳の分からない戦いになり、あげくやたらと重かった駒たちが全部きれいにさばけての終局。
序盤だけ観て、一番糸谷君らしさが出ない展開に見えたのですが、とんでもなかったですね。
名局と言って良い内容と思いました。
第2局以降も楽しみです。

ところで昨日の終盤戦、リアルタイムで観戦していた方々は、揺れ動く評価値をどんな思いで観ていたのか気になります。
終盤戦では、実は人間以上に(数字の上では)コンピュータの形勢判断はブレるんですよね。
どこまでコンピュータを信用するかは、近未来の人間に課せられた大きな課題だと思います。
我々プロの場合は、できるだけ引きずられないように努力して、できるだけフラットに局面を見るようにするわけですが。

叡王戦の本戦が今日からいよいよ開幕。
各段戦予選という斬新な方式のためもあって、本戦のカードもいろいろ他の棋戦とは違った新鮮さがあります。
番組内容と将棋の内容、両方に注目してもらえればと思います。

来年1月より開設が決定した九州研修会について、説明会・プレイベントを開催する運びとなりました。
地元の支援・プロ棋士の在住・指導者の存在・立派な対局室と、必要な条件が整い、開設の運びとなりました。
研修会という場所は、奨励会・女流棋士への門ということももちろんあるのですが、何より大事なのは、その日の対局を一生懸命に指す、そのための鍛錬を怠らない、その精神こそを、将棋を通じて身につける。
そういう場だということを、お伝えしたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

帰京

2015-10-14 18:26:20 | 日記・雑談
昨日の将棋は、中盤で▲4八銀と引いた手が好手で、優勢になるもその後はミスもあり、満点とは行かず。
ただ結果としては短手数で勝つことができたので、良かったです◎
投了図はまだ駒の損得はありませんが、△2四同金なら▲4四銀、△同歩も▲2二歩△4四歩▲2一歩成△5一飛▲2二と、と自然に攻めて、かなり差がついています。

最近ちょっと負けが込んでいたため、次の対局も、おそらく順位戦になる見込み。
後半戦も、ひとつでも多く勝てるように頑張ります。

前のエントリの補足。
どうも、将棋連盟のコメントは、「研究終了」を受けてのものではなかったようです。
なんだか妙なコメントだなあと思っていたので、それで合点が行きました。

そして帰宅後、ちょうど叡王戦の本戦トーナメントが発表されたことを知りました。
今回のPVも、見応えたっぷりです。
そういえばこれまでは、片方の主役はコンピュータとその開発者だったので、こんなに数多くの棋士が登場したことは、なかったかもしれませんね。
僕自身はいまは担当を離れましたが、こうやって多くの個性ある棋士たちにスポットを当てて、棋戦を盛り上げていただけていることに、ドワンゴさんには本当に感謝しています。

棋戦の動き。
女流王将戦は里見さんが奪取。
再び、天下統一に向けてエンジンをかけてきた感もありますね。
囲碁将棋チャンネルでの対局放映は11月下旬とのこと。

新人王戦は、フルセットにもつれ込みました。
帰る間際、12時半ぐらいに一瞬だけ関西会館に寄りましたが、菅井君はすでに席に戻って考えていて、気迫を感じました。
最終局は、どちらにとっても本当に大きい一番です。

明日からは竜王戦七番勝負。
読売新聞の展望記事が、非常に興味深い内容でした。
明日は9割方角換わりだと思いますが、どの形でどういう展開になるかは予想がつかず、楽しみです。

週の後半の予定は、会議が数本と、連盟書道部など。

この記事をはてなブックマークに追加

現在地大阪

2015-10-12 23:04:11 | 日記・雑談
順位戦の遠征で、5月の一門会以来の大阪です。
月曜なので常務会になることが多いですが、祝日なのでお昼過ぎまで家で棋譜並べしてから、余裕を持って出てきました。
明日もいつも通り、頑張りたいと思います。

連休最終日とあって、東京駅は大混雑でした。
そして宿泊先のホテルには外国人の姿が目立ちます。
とうぶんは観光客増加の流れが続き、都市部ではホテル不足に悩まされそうですね。

この連休中の大きなニュースは、情報処理学会の、コンピュータ将棋に関するリリースでしょうか。
僕の知る限り、この2~3年この団体(プロジェクト)が活動している様子はなかったように思うので、リリース内容やタイミングには唐突というか、不思議な印象を受けました。
数年前からどのように研究を進めたのかについては、今後改めて発表があるのかもしれません。
これだけのリリースで反響を呼んでいることは個人的には意外だったのですが、やはりそれだけ「コンピュータ将棋」というトピックが、注目されているということなのだろうと思います。

ちなみに「情報処理学会」は別にコンピュータ将棋を専門に扱う団体ではなく(名前を見ればわかりますが)、最近は「人狼AI」の研究なんかもしていると聞いたことがあります。
僕は観る人狼ファンですが、チャンスがあるなら一度お手合わせしてみたいですね。
余談ですが僕と同姓同名の研究者がいるとも聞いたことがあります。
そういえば囲碁や麻雀はどうなっているのか?
学者の世界はよく知らないのですが、将棋の戦法のように、研究分野にも流行とかがあるのかもしれません。

何にせよ、叡王戦・電王トーナメントとも、これからが佳境です。
昨日・一昨日は「27時間特番」もあったようですね。
近いうちに、本戦トーナメント表も発表になると思います。
僕は1年前にはいまの状況は想像できなかったですし、半年後、どういう形で第1期電王戦が決着するのか楽しみにしています。

もうひとつ、今日は里見さんが三段リーグ初対局ということで、こちらも個人的にはそっと見守ってあげてほしいと思いますが、やはり注目を集めているようです。
女流棋戦と並行しての参戦になるため、日程変更は今後もやむを得ないケースが出てくるでしょう。
言うまでもなく、多くの若者が夢破れていく世界です。
その中で悔いのないように頑張ってほしいと、すべての後輩たちに対して思います。

将棋界を取り巻く環境は日々変わっていきますが、棋士たちが、そしてそれを目指す者たちが一生懸命将棋を指す。
それだけは、これからも変わりません。
大切なことは、とてもシンプルなものですよね。

この記事をはてなブックマークに追加

久々

2015-10-10 12:28:19 | 日記・雑談
予想通りというべきか、いろいろあってなかなかブログ更新できず。
特にこの2日は常務会、九州研修会の打ち合わせなど大きな案件もあって、仕事がたまってしまったので今日も出社しています。
無事ひと仕事終えたら、夕方はクイズコンテストを提出しに、ギャモンフェスに顔を出す予定。

昨日はリコー杯女流王座戦の関連イベント「日経ビジネスフォーラム」に行ってきました。
前から一度行きたいと思っていたので非常に楽しみで、予想通り素晴らしい催しでした。
日本経済に関する講演のあと、将棋と囲碁のトップ対談、そして将棋の席上対局。
「過去にあったものの、今までになかった組み合わせ」がイノベーションを生む、と羽生先生のお話の中にもありました。

棋戦の動き。
王座戦はフルセットになりました。
上記のイベントの中でも、その王座戦第4局の、羽生王座自戦解説がありました。珍しい機会と思います。
最終局、3年連続で大注目の一戦になりました。どうなるでしょうか。
また、来週からは竜王戦7番勝負が開幕します。

僕は来週は大阪遠征です。
しばらく前から悩まされていた秋花粉(?)のような症状も無事おさまったので、体調を整えて、臨みたいと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

帰京

2015-10-05 11:10:30 | 日記・雑談
福山はたしか、名人戦が行われた際にお仕事で行って以来、2度目でした。
同じ広島県ではあるのですが岡山のほうが地理的には近く、案外交流は少ない地域です。
近年は福山支部も100名を越す規模になり、また昨年は今泉新四段の誕生もあって、盛り上がっているところです。

昨日はその今泉さんもご一緒でした。
短い時間でしたが元気よく、楽しんでやらせてもらいました。
どうもありがとうございました。

直通としては最終に当たる、7時の新幹線で帰京。
駅ナカに「桂馬蒲鉾」というお店があったので、お土産に買って帰って、さっそく食べました。
本店は尾道とのこと。
旅行に出かけられた際はぜひ、お立ち寄りください。

文化検定の問題のほうは、いかがだったでしょうか。
A~Dコースすべてに目を通しましたが、ちゃんと(?)上のクラスに行くにつれて、難しい問題が多かったように思いました。

今日は午後から出社の予定。
今週もいろいろと入っていて、特筆すべきことは少ないのですが、なんだかんだと忙しそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

負け

2015-10-02 10:56:53 | 日記・雑談
またも、ふがいない内容でした
どうも、安定しませんね。
また次頑張ります。

昨日は小学生名人戦に関するリリースが出ました。
ご存じプロへの登竜門、僕も二十数年前に一度だけ、ベスト4に残ってNHKに出たことがあります。
当時は県予選はなく、広島から東京まで、ひかり号でやってきたものでした。
ちなみにそのときの優勝は村田智弘君、その翌年が渡辺明君でした。
歴史は綿々と続いていきます。

また耐震工事で代替場所に移っていた道場・教室関係ですが、無事昨日から営業再開しました。
都民の日ということもあってか、平日にも関わらず大盛況でした。
耐震工事期間中は、大変お待たせいたしました。
また、販売も通常通りの営業時間に戻っています。

今日は一日お休みをいただき、土日は文化検定の監督で、福山に出張してきます。

この記事をはてなブックマークに追加