daichanの小部屋

日本将棋連盟棋士六段・常務理事の日常

報告

2016-12-28 15:24:05 | 日記・雑談
クリスマスイブの対局は、藤井新四段が素晴らしい内容でデビューを飾りました。
新聞、テレビ等各種メディアで大きく取り上げられ、将棋界にとっては大変明るい話題でした。

そして週明け月曜日、昨日火曜日と、第三者調査委員会からの調査報告と、それに基づく記者会見が行われたのも既報の通りです。
こちらは大変深刻な話題でした。
一理事として、また一棋士として、将棋ファンの皆様に心よりお詫び申し上げます。

今回のことは将棋界に大きな傷と教訓を残しました。
今後このような事態を引き起こさないこと、そして三浦さんの名誉回復に努力することはもちろんです。
また来年は将棋界全体としても、ピンチをチャンスに変える発想で、良い方向に変わっていかなくてはいけないと強く思います。

そして、先輩棋士の訃報がありました。
つい最近も対局されていましたし、突然のことに驚きました。
謹んでご冥福をお祈り致します。
わが身を振り返って、元気でいることの大切さ、ありがたみを改めて思いました。

今年は思い返してみれば良いことも本当にたくさんありましたが、親友を亡くしたり、つらいことや大変なこともたくさんありました。
世相と同じぐらい、自分自身も、将棋界も、いままでにないぐらい浮き沈みの激しい一年だった気がします。
今日は仕事納めの日ですが、ブログも暗いまま終わりたくはないので、年内にもう一度更新してから、新しい年を迎えようと思います。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝ち | トップ | 良いお年を »
最近の画像もっと見る

あわせて読む