daichanの小部屋

ある平凡な将棋指しの日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竜王戦ほか

2017-02-15 08:10:28 | 日記・雑談
既報の通り、月曜日は竜王戦1組にて、三浦九段の復帰戦が指されました。
夕休のあたりでは三浦九段が優勢に見えたのですが、実際は難解だったようで、結果は大熱戦の末、羽生三冠の勝ち。
素晴らしい内容の将棋になって、佐藤会長も感謝を述べておられましたが、本当に良かったと思いました。
また、やはりトップ棋士はすごいと、心底思いました。

この対局は非常に多く報道していただき、そのほとんどは温かい内容で、この点も本当に良かったです。
棋士の真剣な対局姿が、注目を集めるというのが、将棋界として一番大切なことです。
三浦九段のことについては、「第三者の公正な調査によって疑いが晴れた」ということを、広く知ってもらえるようにと思っています。

昨日まで行われていた王将戦は、郷田王将が1番返し、佐渡(第5局予定地)の方々はきっと喜んでおられることと思います。
こちらも、特に終盤戦が非常に面白い将棋でした。
2日目に入る直前で決断の一手が出て、そこからずっと均衡の取れた勝負というのは、観る側からすると最高でしょう。
ここまで星は偏っていたものの内容は拮抗しているので、次もとても楽しみです。

聖の青春が高評価、という話題。
弟弟子としてもうれしいことですし、また将棋界にとっても、明るい話題です。
まもなく公開の3月のライオンにも、期待大です。

明日は自分の竜王戦。
今期の竜王戦は特に、対局できるということに感謝する気持ちが強いです。
思いを込めて、良い将棋が指せればと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日杯、ほか | トップ | 対局負け、ほか »
最近の画像もっと見る

あわせて読む