daichanの小部屋

日本将棋連盟棋士六段・常務理事の日常

良いお年を

2016-12-30 20:38:29 | 日記・雑談
年内最後の更新です。

今年は本当に、いろいろなことがありました。

特に対局関連では電子機器の件の他に、記録係のことや、感染症への対応のことなど。外出禁止に伴い、対局室の禁煙も。
会館の工事に伴う代替地での対局も春と年末に2回ありました。
順位戦の日程の決め方にも変更があり、決まった一斉対局と別の日にやむなく組まれることも、例年にないほど多くありました。
すべて、今年のことです。渉外部(対局を司る部署)は、さぞ大変だったと思います。

ところで、何かを変えるというのはかなりのエネルギーを要するもので、繰り返し棋士の意見を聞いて集約していくプロセスが必要になります。
それは現在のように棋士自身が経営している状況ではなおさらで、この点外部の方に意思決定を委ねれば、そのコストはだいぶ削減できる可能性が高いです。
ただ、棋士ひとり一人が発言する場面はそれだけ減るということにもなります。

現在は棋士同士だけで話し合うために意思決定が遅れ、あるいはそのコストの大きさゆえに断念し、結果として変化できないでいる部分がいまの将棋連盟にはたくさんあると思います。
いまももちろん一生懸命やってはいますが、より迅速で合理的な意思決定のためには、外部の方にもっと入っていただいたほうが良いでしょう。
という話を、先日、信頼できる若手棋士としたばかりなので、一年の終わりに、来年以降の課題として記しておこうと思いました。
実現には、棋士ひとり一人が、経営に(金銭的な)コストを払って、意思決定を任せるという決断ができるかどうかだと思います。

そして、来年のことですが単なる「変更」ではなく「変革」の年になればいいなと、これは年賀状を書きながら思ったことです。
例年、25日ぐらいにはなるべく出すようにしていましたが、今年は28日まで全く手をつけることができず、昨日ようやく投函しました。
藤井新四段、聖の青春や3月のライオンのヒット、新名人の誕生やイケメン若手棋士への注目などなど、明るい話題もたくさんあったので、きっと来年は良い年になると信じています。

自分一人にできることは、そう多くあるわけでもないですが、来年も、自分の長所を生かして、自分にできる役割を果たして、特に後輩たちのために努力していきたいという気持ちです。
本来であればもっとお詫びを綴らないといけない時期なのかもしれませんが、年の瀬ですので行く年、来る年を想い、前向きに締めさせていただきます。

皆様どうか良いお年をお迎えください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 報告 | トップ | 謹賀新年 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む