daichanの小部屋

ある平凡な将棋指しの日常

開幕

2008-06-03 10:12:59 | 日記・雑談
今日からいよいよ順位戦が開幕ですね。長い一年の始まりと思うと、身の引き締まる思いです。
自分は来週10日の対局です。最近は成績が良くないですが、あと一週間しっかり調整して、開幕を迎えたいと思います。

中継はおなじみこちらで。名人戦がちょうど佳境に差し掛かっているため、一年のうちでも一番アクセスの多い時期かもしれませんね。


昨日は詰将棋&読書の黄金コンボ。一日家にいると、時間が静かに流れていきます。
今日は連盟に観戦に行くか、それともネット中継か、悩ましいところです。


久々に、週刊将棋の連載の話を。
本文中に書いた「羽生ー谷川の△6九馬」とは下の図のことです。


平成4年の竜王戦第6局。この図から△6九馬!▲4四歩△5八銀!▲同飛△同馬▲4三歩成△6七馬!と「オール手抜き」で寄せ切ったのが、いまでも語り継がれる名場面です。
誰の将棋がこの寄せを連想させたか?それは紙面をご覧ください。

たしか以前、ご本人の解説が将棋ニュースプラスであったと記憶しているのですが、発見できませんでした。ご存じの方がいれば教えてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 結婚式 | トップ | 一口観戦記 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2008-06-03 21:45:31
谷川さんご自身の解説は06年9月22日の「谷川浩司の最強の駒使い」ですね。
Unknown (daichan)
2008-06-04 00:16:16
そうですか、情報ありがとうございます。
リンク先は2007年からしか残ってないようですね。

あわせて読む