daichanの小部屋

ある平凡な将棋指しの日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

勝ち、遠征中止

2016-12-17 22:36:09 | 日記・雑談
先日の対局は、久々に振り飛車を採用。
夕方まではせっかくうまく指せたのに、楽観から指し手が乱れてしまい、難しくなりましたがそこからは踏ん張って勝ち。
良いところも悪いところも出た一局でした。
年明けに予選決勝の楽しみが残り、良かったです。

そしてまたすぐ次の対局、のはずだったのですが相手のインフルエンザにより、延期になりました。
大阪遠征のつもりでいたので、すこしだけ日程に余裕ができた感じです。
実は昨年も同じ時期に同じことがあり、そのときは初めての不戦勝を経験しました。

この問題はなかなか対応が難しく、今年の春頃に月例報告会等でかなり議論し、現在は感染症の診断が出た場合、可能な範囲での延期を認めるという運用に落ち着いています。
無理を押して対局に来るケースが出てはいけない、さりとて正直に申告したがために不戦敗というのもやや不都合です。
また場合によっては対局スケジュールが詰まっている可能性もあり、ケースバイケースで対応せざるを得ません。
何はともあれ、この季節は特に、風邪・ウイルスに気をつけましょう。

昨日は午後、新人王の表彰式。
年に一度、この日だけは囲碁将棋合同のパーティーと決まっているのですが、今年はひときわ若い二人が主役でした。
合わせて35歳、ちょうど自分と同じでさすがにびっくり。

同日行われた棋王挑決も、22歳・五段同士の対戦でしたし、若いスターがどんどん出てきていることを実感した一日でした。
その棋王戦は、弟弟子の千田君が挑戦権を獲得。
現在の人間界では異質の強さが、いずれはスタンダードになるのかどうか、とても注目しています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日対局 | トップ | 順位戦 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事