daichanの小部屋

日本将棋連盟棋士六段・常務理事の日常

名局探訪

2007-12-16 16:42:59 | 将棋
昨日は来客までの短い時間だけ棋譜並べ。竜王戦の決着局を改めて並べてみたのですが、やっぱり簡単に理解できるものではありません。ただ、一見破天荒に見えても、よく考えるとなるほどと思わされる手がたくさんありました。さすがに一流の将棋は違います。

並べていて僕が一番感銘を受けたのは図の場面。


いま渡辺竜王が▲9八飛と逃げたところ。ゼロ手で香車を取らせるこの手自体も意表の発想ですが、何より驚いたのは、この手を着手するのに残り時間を使い切ったことです。このとき相手は残り10分、自分は30分。その状況で30分すべてを投入するというのは、なかなかできるものではありません。ここが最後の勝負どころと踏んだ竜王の勝負勘が、勝利を呼び込んだのではないかと思いました。


この手に対し佐藤二冠の△9九銀成は自然な手ですが、なんと△8九銀不成!とする手も有力だったとか。でもそれって数手前の△8七銀を8九から打ったのと同じなんですよ!将棋は本当に深いですね。


良い将棋に触れるのは、我々にとって至福のひとときです。この感動を、一人でも多くの人に伝えられたらと思います。


今朝は教室に出かける前にPCをつける時間がなく、帰宅後の更新になりました。これから棋譜並べの続きです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マグロ | トップ | 指導対局より »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最近の将棋 (如水)
2007-12-17 00:15:39
以前はよく「こういう手は悔しくて指せない」などという表現を聞いたものですが、最近はあまり聞きません。
悔しかろうが、手損になろうが、激辛であろうが、その局面で最善と思われる手を指す風潮になっています。
プロである以上そういう姿勢は当然であると思う反面、将棋独特の美しさが失われていく寂しさも感じます。
Unknown (daichan)
2007-12-17 09:13:28
どうなんでしょう。いまでもよく耳にしますけどね。

戦術の多様化が背景にあるかもしれませんね。

あわせて読む