流雲片々   ~ 香川県・高松市 曹洞宗 祥福寺 ~

おりおりの風光とよしなし事を思いつくままに。栗林公園の南西、小高い山の中腹に閑居する禅寺和尚の雑記です。

客船

2017年05月12日 | 日記
きのう
20時に 
高松港を 出る
客船が あるというので
ちょっと 行ってみようかと 







あまり
新しいという 
感じでは ありませんでしたが

逆に それが 
独特の 風情を 醸し出しいます



船尾側にある
食堂では ディナーの 準備中

意外と
狭いんだなあ・・・と 興味津々で 

   

今宵は
男性は ネクタイ
女性は ワンピースが
ドレスコードの ようでした

船尾の デッキには
のんびり 月を 眺める お二人





鉄道や バス
飛行機と 違って

人が歩く
感覚に近い 船旅は
移動による 疲れが 少なく
快適で 楽しい旅が できるそうです

でも
その 一方で

特に 日本人に
多いらしいのですが

海外への クルーズなどで
寄港地間の 距離が 長いと
見える景色が海ばかり ということも 多く 
時間を もてあましてしまう人も いるのだとか



優雅そうに 見える 船旅ですが

もし 自分が お客になったら 
楽しめるのか 退屈するのか 果たして・・・
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天人菊 | トップ | 恐る恐る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿