ときどりの鳴く 喫茶店

時や地を巡っての感想を、ひねもす庄次郎は考えつぶやく。歴史や車が好きで、古跡を尋ね、うつつを抜かす。茶店の店主は庄次郎。

六地蔵と蜜柑

2016-11-07 11:59:02 | 神社・仏閣

  六地蔵と蜜柑

11月初頭・浦和:山崎:国昌寺
六地蔵の背景は、蜜柑である。すでに黄色く色付いている。

         ◇ 食物月 風冷たくも蜜柑垂る   ・庄


蜜柑の北限は、、知る人ぞ知る、・・であるが案外知られていない。
書の記載によれば、どうも埼玉のようで、「寄居」と記されている。
有名なのは、寄居・「風布」のことで、外秩父丘陵の北端に位置するところ・
 ・通例、標高を高くすれば気温が下がるのが理なのだが、風布は逆に山稜を上るほど平均気温が高いらしい。
 ・荒川の岸縁との比であるのだが、どうも川霧のいたずららしい。
 ・そこに目を付けた、小田原北条から来た鉢形城の殿様が、
   出身の伊豆・多賀から蜜柑の苗を取り寄せて植えたのが始まり、という。
 ・山の反対側は都幾川になるが、こちらにも蜜柑畑がある。
   川霧が必須ということなら、川は都幾川の支流・槻川ということになる、が専門家でないので委細知らず。

・ということだが、・・・
 川越を拠点にした、小田原北条の治世の域には、庭に蜜柑の樹を持つ旧家は多い。
  ・勝手に小田原北条の名残・と思っている。浦和・山崎は、太田道灌の岩槻の領域だったのだろう。

六地蔵に混じって、「五大」の供養塔が見える。
 ・空・風・火・水・まで見えるが、その下は・地・のこと。万物の構成の要素・。

-----五大(ごだい)とは、宇宙を構成しているとする地・水・火・風・空の五つの要素のこと。

地 - 大地・地球を意味し、固い物、動きや変化に対して抵抗する性質。
水 - 流体、無定形の物、流動的な性質、変化に対して適応する性質。
火 - 力強さ、情熱、何かをするための動機づけ、欲求などを表す。
風 - 成長、拡大、自由を表す。
空 - サンスクリット語:Ākāśaの訳。虚空。空とは異なる。
-----

 ・格調が高いところでは、寺院にある”五重塔”がそれを意味し、簡易の石柱で「五大」の文字を彫って代用した・

-----
密教では五大を五輪と呼び、この思想に基づく塔婆として五輪塔を造立する。
一般普及は宮本武蔵の『五輪書』によって、五大が知られた。
五輪塔
上から空輪=宝珠形、風輪=半月形、火輪=三角形(笠形/屋根形)、水輪=円形、地輪=方形。
古代インドにおいて宇宙の構成要素・五大(空・風・火・水・地)を象徴します。仏教のいう五大要素でもあります。
-----

 ・仏教の哲学のようであるが実はサンスクリットで、日本人には宮本武蔵の「五輪書」の”五輪”と同義。
    宮本武蔵の方が、どうやら”馴染み”が深い。

-----
五輪塔が供養塔・墓標として一般的に造立されるようになったのは鎌倉時代以降。
地輪内部に遺骨等を納めたものが現存。現在も供養塔や墓碑として 造塔され続けています。
現在多く見られる角形の墓石は江戸中期頃から。
-----

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見沼・コスモス祭り | トップ | 左甚五郎の龍・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

神社・仏閣」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。