日々彩々

暮らしの雑感。写真もあり

ジャズライブも楽しめちゃうなんて!

2016-10-17 14:50:42 | 日記

2年ほど前からコーラスではなく指導者がいるみんなで歌う場を探してた。小学校の頃、亡母と童謡やちょっと大人の月見草の歌や,赤い林檎に~、命~短し~、吹けよ春風よ~、今日もコロッケ、明日もコロッケ・・などなど口ずさんでた。まあ音楽好きの部類かな。
ピアノ伴奏で童謡や唱歌、たまにカンツオーネやシャンソンを歌う会と童謡を歌う会に何回か参加していた頃、鎌倉芸術館で安保法案反対集会が。ミーハ―の私は同志社大教授・浜矩子さんが論客の一人だというので出かけた。テレビで見かける一部を紫色で染めた髪と赤い口紅が印象的でほっそり型。低い声で舌鋒するどいけど笑うとちょっと可愛い。出口でたまたま一緒になったので講演内容から推察して「クリスチャンですか?」と伺うと「そうです」との答え。

その会場で配られたチラシ類の中に「湘南・横浜うたのつどい」案内が入っていたので去年の秋から湘南会場に参加している。主催はピアニストの川添先生、芸大大学院生の娘さんを持つお母さん。
そしてボーカル指導は1988年に横須賀港で船を降りた元アメリカ海軍音楽隊員サックス奏者・ジョージさん。今は湘南高校の英語講師をしながら横浜のホテルやジャズクラブで活躍してる。
そしてパーカションの通称まあー君こと小林慎さんも横浜からドラムやシンバルを積んでやってくる。彼は関内のジャズクラブをメインに活躍しているバリバリ!。物静かな好青年でみんなのアイドルであーる。
まずはストレッチ5分ほど、発声練習は10分。アメリカ式発声練習が英語で入るのも特徴だ。ムーンリバーやエーデルワイスなどは英語ので歌う。もちろん発音にはウルサイよ。手あそびや足踏み、行進などなど体も歌に参加する場面も多い。ウキウキワクワクだ。
素人のオババン女子、オジジン男子の歌がどうやら様になってるのは3人のプロの尽力があってこそのもの。感謝、感謝!ちと類のない歌場であります。

もう一つうれしいのは最後にミニ・ライブがあること。声量たっぷりのジョージ先生の歌声、まあ―君のパーカション、川添先生のピアノで聞くジャズ!これはもうたまらんよ。そうそう日本に降り立ったばかりの頃、ジョージ先生はテレビ番組で「北上夜曲」を唄う石川さゆりさんの着物姿の色香と歌声に惚れたそうな・・・。









近所で見つけたトランペットフラワー





公園の花壇のほうき草
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きな絵を見た帰りにつかま... | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まつり)
2016-10-27 15:50:49
今日は仕事休みだったので覗きにきちゃいました(^^)
あっこさんは歌も上手そうですね!発声練習なんてすごい\(´▽`)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。