夢空間塾 書・遊ing 『 なんでもありの句の会 』

ア-ト書・・『 創作書の世界 』を・・・『 愉しい書の世界 』を・・・そして『 なんでもありの句 』を・・・

2016年10月の『何でもありの句の会』

2016年10月12日 | ブログ展

 

 

 

2016年10月

『何でもありの句の会』

 

 

 

 

 

 

こころの隙

沁み入る音色

月明かり  (賀子)

 

 

 

 

 

 

 

そよ風に

頬触れる口

やさしくて  (昌 暘)

 

 

 

 

 

 

 

山畑に

カラスのおやつ

じゅくし柿  (姫)

 

 

 

 

 

 

 

してあげたい

思い夢中の

母を見る (賀子)

 

 

 

 

 

 

 

 

弦の調べ

月の背に

キャラバン隊   (Ranko)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大賑わい

仲間が増えたと

塀の中  (昌 暘)

 

 

 

 

 

 

 

秋冷に

見え隠れ

真っ赤な花   (賀子)

 

 

 

 

 

 

 

雲の海

六甲の稜線

描く朝  (よ)

 

 

 

 

 

 

 

 

待合で

一句一句と

ダ-ス越え  (昌 暘)

 

 

 

 

 

 

 

 

重ねおり

迫りくる波

ジョニ-になって  (賀子)

 

 

 

 

 

 

 

 

巧みに誘う

夜の京

ジェントルマン  (Ranko)

 

 

 

 

 

 

 

 

塀の中

車椅子も増え

運動会   (昌 暘)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渾身の

完成作品

ほれぼれと (ウィルバ-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ凄い

百歳

看板娘 (Ranko) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊歩道

虫の音響き

人恋し  (よ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事件です

音が鳴るが

マイ携帯  (Ranko)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほのぼのと

孫の手と手

古希の友  (姫) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンク色

朝焼けの空

美しき  (よ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウァ~スッテン

そんなに取り囲まないで

恥ずかしい      (ウィルバ-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天髙し

どこか行きたし

旅ひとり  (よ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラフラと

ふらついた心

秋の宵    (姫)    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休んでいいよ

みなに言われて

複雑気分     (ウィルバ-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆっくりと

歩いてわかる

季節の移  (姫) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一工夫

忘れたふりして

手抜きして  (姫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気の強い

コスモス娘の

愚痴を聞き  (姫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもと同じ

生活おくれる

しあわせ知る    (ウィルバ-)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくて

世はすぎ

世はうつる

時の流れのままに

 

善人悪人

罪びとも

己を正して

感謝と笑顔

 

2016.10.12

 

今川昌暘

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年9月の『何でもありの... | トップ | 2016年11月の『何でもありの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。