虫愛でる主婦の日記

茅ヶ崎在住15年を超えました。
このブログも10年を超えました。よく続くねぇ

桃源郷2017 その2(リニアに遭遇)

2017-04-18 07:00:00 | おでかけ
 
金川の森を散策した後。

まだ時間は10時前。

少し標高の高い、奈良原地区へ。


浅川防砂公園、という小さな公園に車を停める。
数台しか停まれないが、ここで長居をする人はあまりいないだろうな。

でも、一面桜に覆われていて、結構きれい。




↑マメザクラ?ピンクの濃い、小さめの桜も満開。


ここから、少し登って広済寺というお寺方面へ歩いていく。

しかし、今年は桃の開花が遅め。
奈良原地区では、まだ3分咲きといったところ。

平地の畑は満開なんだけどね。
(受粉作業展開中だった)


お寺周辺より高い位置には、花が期待できないので、
砂防公園にもどる。

公園の駐車場が満車になっていた。

最後に車を駐車した方に声をかけられる。

「このあたりに、もっときれいな眺めのところありませんかね?」

「ワタシも詳しくないので。。。でもこの周辺は桃の畑があって、少し登ると景色が一望できますよ」

「そうですかー。『ふるさと公園』がきれいだって聞いたんですが、この近くだって聞いたんですがわかります?」



『ふるさと公園』は知りません、と伝えて、別れた。

スマホで検索とかしてみなかったのかね?と思いながら、自分も検索してみる。

車で5分のところ、ほんの少し先にあるんじゃん。
あの人、ちゃんと場所聞いていけばよかったのにねぇ。

で、我々も行ってみた。

奈良原地区が、人が少ないわけが分かった。
この『八代ふるさと公園』はかなりポイント高い!!
みんな、ここへお花見に来るんだね。





桃の花は、眼下に広がるピンクのじゅうたん。
桜が並木になって続き、傾斜に沿って枝を伸ばしている。





今は満開を過ぎているので、風がなくても花弁が舞い散る。




こんなに花弁が散っていても、まだたくさんの花が楽しめる。
桜ってどんだけ咲いているんだろう?


この『八代ふるさと公園』、遊具と芝生広場のある公園や、古墳の公園もあるというユニークな公園。
傾斜地に広場と駐車場が点在、その周囲を覆うように桜が咲いているといった感じ。

実は高台のため、夜景もきれいだということが後で分かった。
しかも、古墳広場にある大きなソメイヨシノ(「甲州蚕影桜(こうしゅうこかげざくら)」というらしい)も、
ライトアップされて幻想的な美しさなんだそう。

今まで知らなかったなぁ、もったいない。

そして、もっと珍しいのが、この公園はリニア実験線のすぐ上にあるので、
リニア実験線のための展望台がある。

ここからリニアが走ってくるときに、見られるんだって。





甲府盆地のピンクに囲まれた実験線。

広済寺の散策の時にも見えるけど、ここだとぐっと近い。

展望台に上って、実験線を撮っていたら。。。

「あれ、来たんじゃない?リニア」という声。

ええ?まさか。でも実験のために走行させるのは、非公開のものが多いって聞く。

カメラのズームを最大にしてみたら、↓




あっ!ほんとーだ!!
キターーーー!!



でも。。。。ア、アレ?

姿が見えてから、ほんとならすぐ行っちゃうはずだよね?

お、遅い。遅すぎる。

するするーとこちらへ向かってきていたけど、すぐに止まってしまった。

動画も撮っていたけど、止まってしまったので、撮影中止。
そしたら、今度はバックしていった!

「あれ~??下がってる?下がってるよね~あははは」

隣にいた人(全くの他人)と思わず笑いあってしまった。


なんだか、出てみたけど恥ずかしいからやめた、みたいな様子で、
なんとも珍しい(のかどうかわからないが)体験だった。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桃源郷2017 その1 | トップ | 防災食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む