打算的なくたびれ儲け

日々の日常の中、文章という形として残せる感性を自分勝手に表現させてください。

表裏一体

2016-10-14 19:00:01 | イベント記事
優斗「そー言えば俺さ……」




優斗「ごめん、やっぱいいや!!」






美咲「何ー?気になるー!!」

















何でもないよと貴方は言った、きっと悲しい事を伝えようとしていたのだと思って話しを避けた…










3ヶ月後……


貴方はこの世を去った…
あの時何かを聞いていたなら…今の現状に何か変化はありましたか?








もーすぐ子供が産まれます…


貴方の残した貴方の子供は月日が経てば、いずれは貴方になりますか?







貴方が残した最後の手紙…最後の言葉…
貴方が私にくれた最後の優しさ…

その言葉を抱き締め、今日も貴方を思い出す…
その言葉があったから、今日も私は頑張れる…






















貴方が残した最後の言葉…
































「お構いなく」



















はい!!


いきましょうか!!




やって参ります皆様今日もお元気でしょうか?




今日はですね、テーマを…【育児】!!
育児について書いていこうかなって思うんですけど……




あのー…一応言っておきますけど……


参考にはしないでください!!


僕の……育児…というより体験記と言えば良いのかな…
男目線でね…実際子供が産まれると、やっぱり第1はお母さんじゃないですか?
一般的にはお父さんは働いてるわけですから、お母さんより圧倒的に子供に触れる時間て少ないと思うんです!!


ある種、そんな微妙な距離感がある中でね?
僕の経験を育児なんて立派な呼び方したらいけないような気がするんですけど…




初めて子供と2人でお留守番した日の事を書こうと思います!!


もー10年以上前の記憶になるんですけど…


子供は男の子なんですけど、まだ1歳にもなってなかったと思います…確か…




たまにはママにも羽根を伸ばす時間をあげようと…初めてのお留守番!!








正直簡単なんですよ、オムツ変えて適度にミルクあげてれば良いだけなんですから!!
たしかまだ歩いたりもしない頃だったと思うので……
「寝る」「泣く」「ミルク飲む」くらいしかしないんです!!








実に簡単でしょ?












しかしねぇ………大変だったんですよ………








ママを送り出すじゃないですか?
もー送り出して間もないうちに……泣き!!








あぁ、さっそくオムツかな?…なんてノリでオムツ変えて………
















泣き……継続!!!!
















なにぃぃぃ!?
…もーミルクかぁ?
(ミルクじゃなくて離乳食だったかな?記憶曖昧…)







与えるも………食べない!!!!















泣き…継続!!!















眠いのかなぁ…ちょっと抱っこしといてやるか、すぐ寝るだろう………
















よしよしよしよし……














よしよしよしよし…よしよしよしよし…
















泣き…継続!!!













…………俺の引き出し…終わり……
















泣き…継続!!!









もーねぇ……どーにもならないの……
本当に!!


ずーっと……ずーっと泣いてるの!!!








もーね…次第に理由もわかってくるんですよ…


何しても泣いてるわけですから……1つしかないんです………












「ママがいないから」
















いいか?


お腹が空いたのならミルクや食事を与えよう!!
ウンチが出たならオムツを変えよう!!
眠くなったのであれば多少グズリながらでも抱っこして寝かせてあげよう!!!








しかし!!!








俺はママではない!!!!








【パパママコンビ】


…担当チンコ!!!


……パパである!!!!












無理だからぁ!!!!


どんなに君を愛していたとしても、残念ながら叶えてあげられない!!








俺にオッパイはなぁぁぁぁぁぁい!!!!
















もーねぇ……力一杯泣いてるんですよ…
片時もその力を緩める事なく……


「お前じゃない、ママを出せ」と……


俗に言う【ギャン泣き状態】ですか?












男ってねぇ……父親って…本当に無力…






んでね…本当かなりの時間格闘してたと思うんです……
「お前どこにそんな体力あるんだよ!!」って思うくらい、かなりの時間泣きまくってるんです…




オムツチェックしながら抱っこして……よしよしよしよし………












もーねぇ…関係ないの…
俺が何をしようが関係なしにギャン泣き…




どーにもならないから、やっぱりイライラしちゃうじゃないですか?
こっちも!!


「このガキ本当、窓からブン投げてやろうかな!!」って思ったその瞬間……












本当に…
「あぁぁぁぁッ!!」
ってカーッとなったイライラマックスになったその瞬間です!!











バッ!!て見た息子の泣き顔……






その瞬間、なんか自分の中で思考回路の流れが変わったんです…













必死に泣いてる息子…

必死にあやしてる自分……




ちょっと向いてる方向は違うけど…今自分が必死なのと同じくらい、息子も必死なんだなって…
















なんだ、同じじゃん!!!











……本当に一瞬だったんですけど、そう考えた瞬間、まさにマックスだったイライラが…
窓からブン投げようかってイライラが、瞬間的に親近感に変わったんです!!








本当10年以上たった今でも、この瞬間の事だけは凄く覚えてるんだけれども…


そーやって思う事で、息子が泣きじゃくってるって状態を……許せちゃったんだよね…













その結果…



















放置しました!!!!








まぁ放置って言っても、最低限の範囲で目は離さないよ?






なんて言うか……
ママがいないから泣いているって状態に…
「ママならどうするかな」って考えて対応する事をやめた!!!












だって…俺ママじゃないもん!!
チンコ担当のパパだもん!!!






なんて言うか……文章にすると凄く伝わりにくいし表情しずらいんだけど…


目の前にいる人間がパパであるって事をわかってもらわないといけないって思ったの!!






んで文字通り、放置したらさ…
泣き止んだんだよね…しばらくして…




もちろん、かなり長時間泣いてたから、絶対的に疲れてたと思うんだけど…


そのまま寝たの!!






放置という形で、俺はパパですって…息子に訴えたの!!


本当のところ、実際どうだったのかっていうのはわからないけど…
俺は今でもあの瞬間の俺のメッセージは、息子に伝わったのだと思ってる!!




現にそれ以来、2人でお留守番の機会ってそこそこあったんだけど、泣き止まなくてどーにもならないって事態は起きなくなったの!!








ちゃんとしたお父さんならね?
そこでもっとちゃんとしたケアを出来るのかもしれないけど…
残念ながら息子は、ちゃんとしたお父さんの下に産まれてこれなかった…
不出来なお父さんのところに産まれてきて…半ばおままごとのようなお留守番の中…


おそらく、ベクトルを合わせてくれたのは息子の方!!


「あ…こいつ相手にどれだけ泣いても時間の無駄だから……しょーがねーや…寝よう…」ぐらいの勢いだったと思うんです!!






そんでさ…僕は男だから……男目線の考えしか持てないんだけど…
そんな男目線で考えてると…


女の人って、お腹の中で子供を育てている時からママなんですよ!!


どんどんどんどん大きくなって、中で動いてるのを感じたりして…もーその時点で立派なママになれてると思うんです!!




でも、男って…
正直…「子供が出来ました」って言われても身を持って実感する事が出来ないし…
極論を言ってしまえば…何にもしなくても勝手に産まれてくるんですよ!!




女はママになる瞬間があるけど…
男はどのタイミングでパパになれるの?


そんな議題があったとしたなら…自分は、さっき言った…
息子のギャン泣きを許せた、その瞬間でした!!












なんて偉そうな事言っても…結局完全なパパにはなれなかったんですけどね……












それでも、その瞬間の経験て、とてつもなく貴重なものだったし…
逆に言うと……あのイライラマックスだった瞬間…
窓からブン投げなくても…手が上がってしまう人だっていると思うんです…


俗に言う…【虐待】ってものに、発展する人だっていると思うんです!!






こんな事言うと…凄く危ない人間だって思われるかもしれないけど……きっと俺自身…
あの瞬間って紙一重だったと思うんですよ!!
もし、息子も必死なんだって事に、気付けなかったら…もしかしたら、そっち側の人間になってたかもしれない!!


本当にターニングポイントだったし、本当に紙一重だったと今でも思う!!
だから、こんな事言うと本当にアレかもしれませんが……虐待してしまう親の気持ち………わからなくもないと思ってます…


自分の子供って…自分の子供ってだけで可愛いんですよ!!
他の親子を見て…「あの子可愛くねーなぁ…あんな可愛くない子供を育ててて、あの親は本当に満足してるのかな…」って、思えてしまうくらい!!
自分の子供って補正は物凄く強烈なものなの!!




【虐待】ってひとくくりにされてさ、そんなニュースも珍しくない時代だけれども……
おそらく、自分が虐待してしまっている事実を、凄く嫌だって思ってる加害者側の人間て、きっと少なくないと思うの……




人間誰しも完璧ではないから、完璧にこなす必要なんてないんです!!


近づいて、寄り添うだけが愛ではございません!!
一歩引いて、少し客観的に見てみる事で…赤ちゃんではなく、1人の人間の主張としてとらえてみる事で……意外と答えが見つかるかもしれません!!


どーせ完璧じゃないんだから、完璧にこなそうとする事が正しいわけじゃない、不出来で良いんです!!
不出来で良いから、そんな不出来な所を、子供にわかってもらうのもありなんじゃないかな…








ちょっとテーマが重くなってしまいましたが……


あくまでも、私の経験論です…そんな人もいるんだな程度で…参考にはしないでください!!







子育てって、俺が語るのはおこがましいけど…自分の子供の出来る事が1つ1つ増えていくのって、凄く…楽しいよ!!







そんな中で、自分自身の環境や心境でそれを訴えて、理解してもらうのも教育という名の下…
立派な育児として成立するんじゃないかな?




何度も言うようだけど…下手にカッコつけたって、貴方はどうせ人間です!!!
その落ち度を、見抜く力なんて、子供はすぐに身に付けます!!






一緒に育っていく事って、そんなに恥ずかしい事じゃないんじゃないかなって……ある程度の節度を守った上なら、全然成立すると思うんです!!







世のお母さん方!!……こんな不出来な感想で申し訳ないけど…大事な我が子の育児……
育児に対しての主役はある意味ママです…頑張ってください!!!!




そんな主役ともう1人の小さい主役…1番身近でサポート出来るのはパパです!!


色々試しながら、自分らしい育児の向かい合い方を、見つけてください!!!
















次の世代が背負う時代はどうなるか…
それはその世代を育てる、私達の役目だと思うのから…


自然体で、どこまでフラットに接してあげる事が出来るかってことが、私自身はとても大切なのかなぁと思っております!!!


では、また!!










♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎

最後まで読んで頂き、ありがとうございます

♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎♡❤︎



2016年
10月9日〜10月16日まで!!
連日投稿のイベントを開催しております!!




詳しくはこちらの記事をご覧ください

↓↓↓↓↓


【IPとPV】


↑↑↑↑↑





ではまたお会いしましょう!!




バイバイキーン!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衝撃 ゴウライガン | トップ | おねえさんといっしょ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL