まほろば俳句日記

毎日見たこと聞いたこと感じたことを俳句にします。JーPOP論にもチャレンジ。その他評論・エッセー、学習ノート。

花物語/新雑句雑感(215)~プロローグ5の終わり

2017-05-26 04:47:30 | 新雑句雑感

花物語主役はわたし菖蒲咲く  谷間の光菖蒲はいつか咲くのだらう  ぎしぎしと菖蒲の過去を引き寄せる  母と娘の丁々発止菖蒲の世  笑い茸俺もお前もいつか死ぬ  いつもより厚目の化粧菖蒲園  花菖蒲この一瞬を生きている  ペンペンペン菖蒲でゐること甚だし  夏夕焼人間サイボーグ跋扈せり  人間をやめても人間杜若  初夏や果たして春は終ったか  春から夏へ世界最終戦争勃発す  半額弁当まだか孤独死まだなのか  新人賞三度目短夜明けきれず  櫂美智子樺美智子と誤認せり  夏うぐいす憲法改正なぜ出来ぬ  愛鳥週間人類いまも愛されず  生前葬もう何度目か夏の雨  

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人類のゆりかご/新雑句雑感(... | トップ | どこまでもトマト/新雑句雑感... »

あわせて読む