まほろば俳句日記

毎日見たこと聞いたこと感じたことを俳句にします。JーPOP論にもチャレンジ。その他評論・エッセー、学習ノート。

剣の舞/新一人吟行記(6月10日しょうぶ沼公園)

2017-06-13 20:00:27 | 一人吟行記

剣の舞菖蒲は生きてまた生きて  紫の鶴が菖蒲の虚空を舞ふ  絵日傘の菖蒲はいつもひとりぼち  青柳昭和の果てに菖蒲咲く  乙女鏡わたしが菖蒲でゐる不思議  菖蒲の自由人間の自由空ふかむ  白菖蒲大艦巨砲の世となりぬ  風強し菖蒲の未来語りだす  時の日の菖蒲は時を見晴るかす  濃紫陽花無数の地球孕みをり  額の花共同連帯の花となり  三つ目が通る菖蒲が散れば俺も散る  あをあをと無言の領域花菖蒲  

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白水玉星/新一人吟行記(6月... | トップ | いなかのプレスリー/新雑句雑... »

あわせて読む