まほろば俳句日記

毎日見たこと聞いたこと感じたことを俳句にします。JーPOP論にもチャレンジ。その他評論・エッセー、学習ノート。

【俳句の此岸】完全なる自己喪失と再生への模索/私とは誰か~プレおたく世代の現在(3)

2017-02-22 09:58:50 | エッセー・評論

春巻を揚げぬ暗黒冬を越え   摂津幸彦  摂津は70年安保世代。それに遅れて来た私たちはここにある《暗黒》とさえ無縁な存在であった。ただ冬から春への予定調和の直中に当初から取り残された世代であった。

私は1950年代生まれであり、かのウイキペディアに【プレおたく世代】という称号を授けられた。これは実に名誉なことである。団塊の世代とも言われた70年安保世代と1980年代の前向きな空虚感を伴って生まれた最初の【新人類】世代の一部が漫画アニメやアイドルなどのサブカルチャーの担い手として最初の【おたく世代】となった人々との埋め難い断崖に宙吊りにされた世代だからだ。その人々から忌避され、自身も何ら自己主張する手段を生み出し得なかったからだ。1970年代前半に大学進学のため上京した時、わずかに1967~69年の新左翼・全共闘運動やカウンターカルチャー運動(対抗文化。ロック・ドラッグ・ヒッピー・アングラなどに象徴される反体制文化)の残り火がまだ燻っていた。自ずと授業は欠席しがちで、学生会館(部室や自治会室・食堂など)に屯する毎日が始まった。2~3年ほどで70年直後の先輩たちが卒業してゆき、私たちに継承されることもなく孤立して行った。プレおたく世代とは言わば断崖絶壁に立たされた世代と言える。70年安保世代との間の断層は、その後も大きく口を開いたまま、私たち一人々々が背負い込むことを強いられた。そうこうしているうちに、今度は後輩としてやって来た連中は、私たちと違って70年安保世代と直に接触することがなかっただけに諦めが早かった。どこか決定的に時代の【空虚感】というものと慣れ親しんでいた。1970年代の後半の到来であった。・・・《続く》

 

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【俳句の此岸】春灯しこれが... | トップ | ラストシーン/新雑句雑感(1... »

エッセー・評論」カテゴリの最新記事