syuの日記・気まま旅

気まま旅・syu散歩・富士山麓のこと、
気ままに記録しています。

太田黒公園と西郊ロッチング

2016-12-13 | syu散歩








「荻外荘」
内閣総理大臣を三度務めた政治家「近衞文麿」が、昭和12年の第一次内閣期から20年12月の自決に至る期間を過ごし、昭和前期の政治の転換点となる重要な会議を数多く行った場所。
平成28年年3月「荻外荘(近衞文麿旧宅)」が、日本政治史上、重要な場所として、国の史跡に指定され、一部公園に



太田黒公園 荻窪駅より徒歩10分
•回遊式日本庭園
音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地につくられた公園です。
荻窪のゆるく起伏する台地に自然の地形をいかした、杉並の区立公園としては、初めての回遊式日本庭園。
•檜の門と石畳
この公園が日本庭園であることは、正門のつくりにも表わされています。
総檜、切妻づくりで、屋根は棧瓦ぶき。左右に築地塀のあるどっしりした構えになっています。
門を入ると白い御影石を敷いた園路がまっすぐにのびています。
その長さは70メートルあり、左右は樹齢100年を経た大イチョウの並木です。
木漏れ日が園路に明暗の模様を描きます。
園路を進むと、植込みの中の低い階段にゆきつき、そこを登ったところが檜づくりの管理棟です。













西郊ロッヂング、東京都杉並区荻窪にある歴史的建造物。1938年(昭和13年)建築の洋風建築で、2001年(平成13年)の改修後は賃貸住宅となっている。

なお、西郊ロッヂングは当初は本館のみで後に新館が増築されたが、現在では新館のみが西郊ロッヂングと呼ばれ、本館は「西郊」という旅館として営業している。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 善福寺川上流から syu散歩 | トップ | 環七と高円寺 syu散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

syu散歩」カテゴリの最新記事