日々史跡めぐり

日本のあちこちの史跡を巡っています

北野天満宮(2)御土居

2016-12-12 | 史跡
御土居(おどい)は豊臣秀吉によって作られた京都を囲む土塁で、一部が京都市内に現存し、史跡に指定されています。


御土居の囲む範囲は南北約8.5km、東西約3.5kmの縦長の形で、全長は約22.5km。

北端は北区紫竹の加茂川中学校付近、南端は南区の東寺の南、東端はほぼ現在の河原町通、西端は中京区の山陰本線円町駅付近にあたり、東部では鴨川(賀茂川)に、北西部では紙屋川(天神川)に沿っており、これらが堀を兼ねていました。

北野天満宮境内の御土居に設けられた「もみじ苑」では、秋の紅葉の時期に、その御土居を見学することができます。






紅葉の素晴らしさに加え、ここから見る北野天満宮の社殿もまた見事です。



















川に積もる落ち葉も絵になりますね。














にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

神社・仏閣 ブログランキングへ

ジャンル:
神社仏閣
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北野天満宮(1)楼門~地主神社 | トップ | 浮見堂(奈良) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北野天満宮の紅葉とお土居! (willy_tsuguo_shikata)
2016-12-14 08:51:36
北野天満宮の紅葉とお土居は素晴らしいですね!考えてみれば、北野天満宮の紅葉は初めてです!
四方さんへ (しずか)
2016-12-14 11:46:07
御土居は、二年連続で見学しました。

今年は、既に見ごろを過ぎていましたが、素晴らしい社殿がまた見たくて入りました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL