日々史跡めぐり

日本のあちこちの史跡を巡っています

高山寺 淳和院跡(京都)

2017-08-10 | 仏閣
和歌山編を終了し、久しぶりに京都のお寺の記事です。

西大路四条の北東にある高山寺



「西大路四条」のバス停で降りたついでに、ふらっと寄ってみました。

高山寺は、平安時代の淳和天皇が譲位後ここに建てた後院・淳和院が別名西院(さいいん)だったことから、西院の河原(さいのかわら)、賽の河原とも呼ばれてます。





本尊の地蔵菩薩(子安地蔵)は安産地蔵として、また子供を救う地蔵として信仰を集めています。
足利義政の妻・日野富子もここで祈願し、義尚を生んだといいます。




高山寺(淳和院跡) 
この地は、平安前期、淳和天皇の後院(ごいん)淳和院があったところである。
後院とは、天皇即位後の御所をいう。 
広さは東西約230メートル、南北約250メートル、池に面した華麗な御所で、高山寺はほぼ東南隅にあたる。天長10年(833)、仁明天皇に譲位された淳和天皇は、皇太后正子内親王とここに住まれ、後嵯峨上皇らも行幸になり文人を交えた遊宴がたびたびひらかれた。 
平安前期宮廷文化の一中心であり、淳和院の林泉の美を詠じた文学作品も多くのこされている。
承和7年(840)上皇がこの地で崩御されてのち、皇太后は出家され、淳和院は仏道修行の道場となり、薨後(こうご)は遺命により寺となった。高山寺はその故地に建てられたものである。なお淳和院は別名西院といい、西院の地名の起源でもある。
(駒札より)

境内はひっそりとしていました。

観光で訪れる方はほとんどないと思います。



にほんブログ村 歴史ブログ 歴女・女性歴史ファンへにほんブログ村

神社・仏閣 ブログランキングへ
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和歌山城(4)紅葉渓庭園 | トップ | 妙心寺の塔頭寺院(1)春光院 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (willy_tsuguo_shikata)
2017-08-11 06:34:21
西大路四条付近は殆ど知りません!
高山寺のことは初めて知りました!
四方さんへ (しずか)
2017-08-11 08:22:28
ここは、目的地ではなかったのですが、偶然降りたバス停の前だったので、寄ってみました。
もう少し細かく撮影しておけばよかったと、今更ながら思っています。

コメントを投稿

仏閣」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL