Woody Bell のフォークな日々

私たちのまわりのフォークシーンをお伝えします。

ハイウェイ de ライブ at 東名高速道路浜名湖サービスエリア

2016-10-19 | コンサート・ライブ
‎15日の「デンマーク牧場オータムフェア」に続いて、16日(日)には「ハイウェイ deラ イブ at東名高速道路浜名湖サービスエリア」で演奏をさせていただきました。
このライブは、浜名湖フォークジャンボリー実行委員会主催の「浜名湖フォークトピアライブ」の一つで、「浜名湖をアマチュアフォークの聖地に!」を目標とする「浜名湖フォークトピア構想」に基き、今年4月から浜名湖周辺各地で開催されているフォークソングライブの一つです。

ライブ開催の1時間前である10時にサービスエリアに車を止め会場に着くと、既に音響設備などが設置され、サウンドチェックが行われている最中でした。
演奏スペースは浜名湖を一望できるレストランのテラスの一角で、秋晴れの光輝く浜名湖と青空を満喫できる場所で、つい「ワォー」と口ずさんでしまいました。






実行委員の皆さんへの挨拶や音楽仲間とのおしゃべりをしているうちに、11時の開演となりました。

トップバッターは、開演の盛り上げのため、エネルギッシュな演奏と楽しいMCを聴かせてくれた「遠藤 彰」さんからです。






続いて男女デュオの「Calando」です・・・キーボード、オカリナを加えての楽しい演奏を聴かせていただきました。






昼食時間を挟んで13時から演奏再会で、最初は11月6日(日)に静岡(やまぼうし)でのライブでの演奏をお願いしている「らいと♪ハーモニー」のお二人です。
素敵なハーモニーでフォークやポップスの演奏を聴かせていただきました。






続いて「外伝」の皆さんです・・・迫力のあるポップスから歌謡曲まで幅の広い演奏を聴かせていただきました。





1時間の休憩を挟んで、いよいよ私たち「Woody Bell」の演奏です。




演奏の内容はデンマーク牧場と同じような選曲になりましたが、マストのノーベル文学賞受賞者ボブ・ディランの「風に吹かれて」を交えての演奏となりました。
浜名湖FJで声を掛けていただき、「やらフェス」にも足を運んでいただいたご夫妻が、「また来ました。」と言われて今回も私たちの演奏を聴きに来てくださいました。
そして演奏終了後には「また、Woody Bellのブログで確認して、演奏を聴かせてもらいに行きますよ。」と言っていただき、感激でした。
演奏中も、アメリカンフォークソングに接することがなかったのではと想像される年代の方も足を止めて、私たちの演奏に耳を傾けてくれているのが分かり、とてもうれしかったです。
<セットリスト>
 ・七つの水仙
 ・風に吹かれて
 ・500マイル
 ・San Francisco Bay Blues
 ・悲惨な戦争
 ・Puff

そしてトリは、「大西弘紀 with Y2」の皆さんです。
松山千春さんの曲など、秋の青空に抜けていくようなクリアーでネルギッシュな大西さんならの歌唱力で聴かせていただきました。





そして、スタートから最後まで、浜名湖FJのTシャツを着てずっと静かに聴いて下さり、応援してくださった方がいらっしゃいました。
終演後に少しお話をさせて頂いて、そこに居たみんなで「応援ありがとう。」と言いながら、握手をさせて頂きました。


終了後、皆さんで浜名湖を背景に集合写真(残念ですが写真はありません。)を撮り、片付けの後、解散となりました。
片付けの最中も皆さんといろいろな雑談でき、本当に楽しい一日を過ごすことができました。

今回も実行委員の皆さんには、大変お世話になりました。
ありがとうございました。






後姿だったり、写すことのできなかった方々の皆さん、ごめんなさい。

前日そしてこの日と、2日続けてのとても素敵な野外でのライブに参加させていただきました。
両日ともに秋日和の素晴らしい晴天で、青い空が印象的でした。
山の空気と海の空気とを胸いっぱいに吸い込んで、気分がリフレッシュされると共にエネルギーもチャージできたようでした。




『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デンマーク牧場 オータム・... | トップ | Serendipity 週末ライブ 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL