Woody Bell のフォークな日々

私たちのまわりのフォークシーンをお伝えします。

鞠水亭ラウンジ ナグライブ

2017-05-05 | コンサート・ライブ
1日(月)は、日中に掛川大手門音楽祭で演奏させていただいた後、更に西に向かって進み、夜は舘山寺温泉 ホテル鞠水亭でのナグライブで演奏をさせて頂きました。
連休中での3回目のライブでしたので少し疲れはたまっていましたが、昼間の演奏で失敗なくできたことでちょっと気を良くしていました。
そしてここでのライブでは、お客様との触れ合いがいつも楽しみです。



この日は月曜日ではありましたが、ゴールデンウィークの真っただ中でしたので、ホテルは全館満員という盛況だったようです。
ただ、滞在されるお客様は多くても、私たちのライブを聴きに来てくださる方がいるかどうかはまた別の話なので、この夜のライブはどうなるかなぁと思っていました。
ライブの始まる前のひとときを 名倉さんといろいろな話をしながら少しゆっくりできたので、疲れも取れて気分も変えることができました。

ロビーの飾りは5月人形の鎧兜。


お客様の椅子は、こんなにふかふかのソファです。


リハを終えて開始の時間を待っていたら、浴衣を着た女性が一人お見えになって、始まるのを待っていて下さいました。
そして定刻の8時30分に始まりました。



ご夫婦が何組かいらして、懐かしそうに耳を傾けてくれました。
最近レパートリーに加わった「我が祖国」から演奏を始めて、合計9曲を演奏し終わった時、アッと思いました。
実は9曲目はアンコール用に用意してあった曲だったのですが、勢い余ってこれも予定曲として演奏してしまいました。
そして改めてアンコールを頂いたので、ノリの良い曲でということで「Cotton Fields」で締めくくらせていただきました。
この日は10曲も演奏させていただくことになりましたので、時間も1時間になってしまいました。
お聴き下頂いたお客様は、ずっと最後まで楽しそうに聴いてくださったようで、こんな時はこちらもとてもうれしい気持ちになります。
赤ちゃんを抱いた若いパパさん達が二人、ずっと立ったままで、ロビーで聴いて下さっていました。
私たちの「竹田の子守唄」は、子守唄にならなかったようで、曲が終わった後もぱっちりとかわいい目が開いたままでした。
お客様の数は決して多くはなかったのですが、たとえ一人でも本当に楽しそうに聴いて下さる方がいると演奏者はとてもうれしいものですね。



一緒に集合写真を撮る時にお客様の一人が「今日、掛川城へ行ったんですよ。大手門のところも通りました。ステージではまだ演奏が始まっていなかったんですが、今日、あそこで演奏されたのですね。」と、話しかけて下さいました。
不思議な縁ですね。
「袖すり合うも多少の縁」とか「一期一会」とかの良い言葉もありますが、本当にそうだなぁと思いました。
フォークを演奏しているから、このような機会を持つことができるのですね。



そしてこの日、何よりうれしかったのは、音楽仲間の存在です。
掛川大手門音楽祭でご一緒した「calando」のお二人と、昼間も掛川で応援してくださったTeeさんが応援に来てくれました。そして昼間の仕事を終えてからNamiちゃんも来てくれました。
それぞれ皆さんお忙しい中、連休の貴重な時間を私たちのために使って頂いて本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして体調の悪い中、いろいろと気を使ってお世話くださった名倉さん、本当にありがとうございました。
今回も楽しく、そして思い出に残るライブになりました。

<セットリスト>
・我が祖国
・七つの水仙
・涙そうそう
・San Francisco Bay Blues
・500 Miles
・竹田の子守唄
・風に吹かれて
・The Cruel War
・Puff
アンコール
・Cotton Fields

『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 掛川大手門音楽祭 5月1日 | トップ | 袋井デンマーク牧場 グリー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした❗ (ふるさと浜北)
2017-05-11 14:29:17
大変遅くなりましたが、GW鞠水亭ラウンジナグライブ♪誠にお疲れ様ありがとうございました✨気が付けば何時もながらの穏やかな優しい演奏時間は一時間五分以上となり今GWシーズン最長演奏時間となり宿泊のお客様も旅の良い思い出となったことと思います✨また次の機会も宜しくお願い致します🎸🎼😊
ありがとうございました。 (Woody Bell)
2017-05-11 21:03:33
ラウンジナグライブ♪、お世話になりました。
今回も思い出に残るライブの一つになりました。
思いがあふれて、MCがちょっと長くなりすぎてしまいました。
でも最後まで皆さん、お聴き下さって本当にうれしかったです。
名倉さんも体調が悪い中、本当にありがとうございました。
その後、お体は大丈夫でしょうか。

コメントを投稿

コンサート・ライブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL