Woody Bell のフォークな日々

私たちのまわりのフォークシーンをお伝えします。

金曜の夜会 at Mother Moon

2017-02-13 | コンサート・ライブ
10日(金)の夜は、駿河区小鹿にあるMother Moonでの「金曜の夜会」ライブでした。
初めての場所でのライブでしたので、少し緊張気味に家を出発しました。
すると、ちょうど車の窓から大きくきれいな真ん丸なお月様が見えて、ライブ会場の名前のMoonとマッチして、なんだかよい事がありそうなちょっぴり温かな気持ちになりました。
後で知ったことですが、この日の次の日が満月だったようです。

Mother Moonは、こんな所にと思う、住宅街の真ん中にあって、突然素敵な異空間が現れるという感じのお店です。
お店の中は木の香りが漂って、明るくくつろげる雰囲気がありました。

昼間の明るい時の方が素敵なお店の雰囲気が良くわかるかもしれません。







この日の音響機材は、会場の広さに合わせて、RolandのAC60を2台用意しました。
マイクスタンドを組み立て、アンプをのせる台を組み立て、ケーブル類をつないで終了。
この後、二人の音の調整をしてあっという間に準備完了しました。
ちょうどこの頃には、お客様がいらっしゃいました。
実はこの日のライブは、私の趣味(吹き矢)の仲間の一人が企画してくださったものでした。
そして最初に来店されたお客様はいつもの趣味の仲間たちでした。
こんな風に企画していただいたのは初めてなので、とてもうれしく思いました。
たぶんこの日は、この4人のお客様しかお見えにならないのではないかと思っていましたので、この仲間のためにいつものように心を込めて演奏しようと思っていました。
7時過ぎ頃から演奏開始ということになっていましたのでスタンバイすると、お客様は仲間だけではなく、たくさんの方々が来店されました。
お店のママのヒロさんがたくさんのお客様を集めてくださったのでした。
本当に感謝です。





30分程度のステージを休憩をはさんで2回させて頂きました。
休憩の間に、来てくださったお客様といろいろなお話をさせて頂いたのですが、音楽が好きな方がたくさんいらしてびっくりしました。
フォークが好きな方、昔ギターを弾いてフォーク(吉田拓郎)を演奏していた方、そして泉谷しげるさんの演奏活動に関わっておられた方、更に後方に座られたグループの方々は現役のアマチュアミュージッシャンのバンドメンバーの皆さんでした。
こんな音楽が好きな方に聴いて頂いて本当に幸せだなぁと思いました。
最後には御約束のアンコールもいただいて、楽しく演奏させていただきました。
とても温かな雰囲気の素敵なコンサートになりました。

そして、このMother Moonは、木の香りがすると最初にお話ししましたが、その木で囲まれた空間での音に素敵な響きを与えてくれたようでした。
今まで何回かRolandを使ってライブをしたことがありますが、この日歌っている時に、今まで感じたことのないとっても良い響きを感じながら歌うことができました。
ママさんのお話では、ガラス窓は3重になっているとの事で、住宅街の中にあっても音漏れの心配はそんなにないようでした。

以前やまぼうしでのライブを聴いて下さったママさんと私のお友達のお二人が、協力して今回のライブを実現してくださって本当に感謝しています。
ありがとうございました。

ママのヒロさん(右側)とスタッフさん。

最後に仲間たちとパチリ。

私の隣が今回企画してくださったFさん。
そして、とても美人なお二人なのに恥ずかしがり屋さんなので、ちょっとハートマークをのせさせていただきました。
吹き矢の試合ではお手柔らかに!

<この日のセットリスト>
1回目
・Puff
・この広い野原いっぱい
・二人のハーモニ―
・Green Sleeves
・Blow'in In The Wind

2回目
・Seven Daffodils
・The Cruel War
・遠い世界に
・竹田の子守唄
・500 Miles

アンコール
・San Francisco Bay Blues

ヒロさんがこの日の事を紹介してくださいました。
http://iyashihiro.eshizuoka.jp/e1756130.html
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡フォークジャンボリーの... | トップ | USAミュージックナイト at Se... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

コンサート・ライブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL