空色のきもち

晴天の日も、雨の日もあるけれど、好きなものと一緒に毎日を過ごしています。

LA LA LAND

2017-03-03 21:43:38 | 映画・DVD


監督 デイミアン・チャゼル
出演 ライアン・ゴズリング
   エマ・ストーン
   ジョン・レジェント
2016年 アメリカ

アカデミー賞発表前に観てきました。

女優をめざすミアと、ジャズのお店を開く夢を持つセバスチャンの物語。
 
LAの風景、夜景、
Dreamer、夢追い人たち、
ビビッドカラーのドレス、色彩の豊かさ、
覚えやすいウキウキするような音楽…

Jazz!

楽しかった!

ザ・ハリウッド! でしたね。


散々予告や、宣伝で耳慣れてしまった「Another Day Of Sun」から受ける印象や
セバスチャンとミアのキスシーンから、
すっかりハッピーエンドなdream comes true! な物語だと思い込んでいた。

通常、明るいアップテンポな曲を好む私にしては珍しく
City of Starsも好きで、
もっとも好きだった(というか、不覚にも聴いていて涙が出た)のは
オーディションで歌っていた「The Fools Who Dream」だった。

先日、島田歌穂さんのインタヴューをみたときに
「最近はね、歌がうまい人はたくさんいるのよ」という話をされていて
「でもね、カラオケを聴かされたな、伝わってこないな、って思うことも
ちょっとあるの。伝わってこないのよ」
とおっしゃっていた。
ミュージカルは、「歌がうまいだけじゃないんだ、伝わらないと」という見地から
「そんなに歌わないで」
ということすらあるそうだ。
「ミュージカルは、歌、芝居、踊り、が3つ揃ってないと」って。

LA LA LAND の歌は、いわゆる朗々と歌う、というのとはちょっと違ったかもしれないけれど
ミュージカルだったな、と思う。

手放しで、すべてを手に入れて How happy I am!! な終わり方ではなかったけれど
セバスチャンの最後の笑顔は印象的でした。


それにしても!
アカデミー賞の最後の発表のあれこれには、唖然!
そうならないために、いかに細心の注意をはかり、
どのような手段を講じているか、というのを知っていただけに
「それでも、こういうことが起きるんだ!」
という事実を目の当たりにした!!!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『山猫珈琲』 | トップ | 初心者マーク »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (peace)
2017-03-03 22:18:58
わたしも昨日見てきました❗
ミュージカルというと劇団四季(舞台ですが)を思い浮かべてしまうので、思ったより歌が少なく感じましたが、歌のひとつひとつが良かったです。
そしてわたしもオーディションで歌ってた曲に、自然に涙が出ました。
終わり方にはビックリしましたが、お互いに夢を叶えたハッピーエンド。元気をもらいました。
>peaceさん (しずく)
2017-03-03 22:40:09
ご覧になりましたか~♪
(私は今、1週間前くらいを書いているので(笑)タイムリーではないんですけど💦はやく現在に追いつこう…)

私はミュージカルはほとんどみていなくて、
最近のブログでお分かりかと思いますが
目下勉強中ww
目新しいことばかりです。

そういう時に、ミュージカル映画が話題になるのも
何かのご縁かと思いました。
すべてを手に入れた系のハッピーエンドでないところが、
いい味出してるな、と感じました。


Unknown (けん)
2017-03-04 11:05:44
俺も楽しくてハッピーエンドな作品かと思っていたら、切ないラブストーリーでした。
でもホント最後のセバスチャンの笑顔が印象的でほっこりさせられました。
Unknown (たま)
2017-03-04 11:27:22
みなさん、ご覧になってるのね~~。

私も観たくてたまらないんだけど、やっぱりブルーレイ
鑑賞になるかも
>けんさん (しずく)
2017-03-05 19:27:00
ほんとですねー。
最後の二人の笑顔に、いろいろな気持ちが含まれていて
これはこれで、せつないハッピーエンドなのかなと思いました。
セバスチャン、カッコよかったです(照
>たまさん (しずく)
2017-03-05 19:28:39
映画って、タイミングを逃すと観にいけないですよね…

ブルーレイででも、ぜひご覧くださいね♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル (西京極 紫の館)
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズ......
ラ・ラ・ランド (本と映画、ときどき日常)
監督 デイミアン・チャゼル 出演 ライアン・ゴズリング     エマ・ストーン     ジョン・レジェント 女優をめざす女性とジャズのお店を開く夢を持つ男が出会い恋に落ち......
「ラ・ラ・ランド」(1回目) (或る日の出来事)
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。
映画:ラ・ラ・ランド La La Land アカデミー賞史上最多の14部門のノミネートの今作の感...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年のアカデミー賞史上最多の14部門 ノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監......
『ラ・ラ・ランド』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、      ......
「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード 本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示さ......
「ラ・ラ・ランド」 (ここなつ映画レビュー)
素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はか......