空色のきもち

晴天の日も、雨の日もあるけれど、好きなものと一緒に毎日を過ごしています。

『アンマーとぼくら』

2017-04-19 21:44:24 | 読書
『アンマーとぼくら』有川 浩 を読む。



休暇で沖縄に帰ってきたリョウ。
親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。

ちょっとだけ複雑な事情のある母子。

一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、
再婚した父も逝ってしまった。

実に、子供っぽいところのあるお父さん。

亡くなってしまった北海道のお母さんと、沖縄のおかあさん。

そっけない態度をとりつつも、親の重荷にならないように、
子供はこどもなりに考えているんでしょうね…

切ない気持ちにはなりますが、
3日間を過ごせてよかったんだろうなぁ、とも。

竜の守る島をみてみたくなった。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハイランダーショートブレッド | トップ | Alleluia »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。