空色のきもち

晴天の日も、雨の日もあるけれど、好きなものと一緒に毎日を過ごしています。

この世界の片隅に

2017-02-08 23:45:12 | 映画・DVD
映画「この世界の片隅に」をみにいってきた。

「2/10までだよぉ」
とある意味、悪魔のささやきをしてきた映画好きの方からの強いおすすめあり。

あの大戦での、呉の状況を、詳しく知っていたわけではない。

ああそうか、呉はこういう街で、こういう状況だったのか…ということをしみじみ感じる。

また、それとはあまり関係なく、
普通の、人としての営みっていうのもどこにあっても当然あるわけだし
それぞれの戦争も、あったんだろうなぁ、
と感じる。

こういう映画をみると思い出すのは祖父のこと。
決して戦争体験を語ろうとはしなかった祖父。
私の中での祖父は優しく穏やかな人だ。
馬の話とちょうちょを追いかけた話をよくしていた。

でもよくよく思い返してみれば
その馬は軍馬であったし、とても賢く、よく世話をされており
しかし、何らかの折に連れていくことができず、あえなく撃った、と…

珍しいちょうちょがいて…の話は
異国の地で、つかの間の休息の間に
とても美しい蝶がいた、と言っていたのだなぁ、と思う。

たぶん、職業軍人と呼ばれる立場で
かなり高位にいたのだろうということを想像すると
晩年うなされるように
「向こうから●●が来る、怖くて眠れない」
なんて言っていたのは、きっといろんな体験をしたんだろうなぁ。

今見える姿が、優しいからといって
優しく平坦な人生を送っている人はいないんだろう。

すずさんの、穏やかな声を聴きながら
エンドロールの「バイバイ」と手を振っているその右手をみながら
自分たちは生き抜いた人たちの、子孫なのだなぁと思う。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠足 | トップ | 遠い声遠い部屋@weekendbooks »

コメントを投稿

映画・DVD」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
この世界の片隅に  監督/片渕 須直  (西京極 紫の館)
【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生ま......
『この世界の片隅に』  (空の青と本当のきもち。)
『この世界の片隅に』 こうの史代 著 ****** 映画を観に行きたいのですが 図書館に、原作マンガがあったので、 こちらを先に、上中下3冊、一気に読みました。 戦時の真......