空色のきもち

晴天の日も、雨の日もあるけれど、好きなものと一緒に毎日を過ごしています。

『老人と猫』

2017-06-28 21:56:52 | 読書
『老人と猫』ニルス・ウッデンベリ を読む。



--心理学の教授が読みとく猫の世界--

「私、あなたに飼われることに決めました」
自宅の庭に現れた小さな猫が、引退した大学教授の人生を変えた。
スウェーデン発の世界的ベストセラーエッセイ


とのことだったので、期待して。



……う~ん??

確かにネコを飼う前と後では、生活は一変する。
飼うことに乗り気でなかったのが、
言い訳しながらも、かわいがる、帰ってこなければ心配する、というように
変化するのもよくわかる。

「あなたに飼われることに決めた」
そんなふうにネコのほうから言ってくる、または
「まあ、すっごい気に入っているわけではないけど、あなたでもいいわ」
なんて感じのことを絶対考えているだろう、という表情をするのもわかる。

うんうん、ということはあれども、
これが世界的ベストセラーエッセイだというなら
うーん、私にとってはそうでもないかも。


我が家はひとりと2匹生活なので
家に帰ったら話し相手はにゃんズです。
そんな生活も、もうすぐ終わります。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドライフラワーミュージアム@... | トップ | 170625リコーダーコンサート... »

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。