空色のきもち

晴天の日も、雨の日もあるけれど、好きなものと一緒に毎日を過ごしています。

『図書館の魔女 烏の伝言』

2016-10-17 23:36:02 | 読書
『図書館の魔女 烏の伝言』高田大介 を読む。

前作『図書館の魔女』がおもしろかったので、期待して読みました。

囚われた姫君を助け出すために…
陰謀に荒む港町を山の民と兵士と、
地下を住みかとするみなしごたちが駆け抜けていきます。

その中の一人、山の民の鳥飼のエゴン。
顔に大きな傷を持つエゴンは言葉がうまく使えないけれど
烏とは障害なく意思疎通ができるようだ…
伝書バトならぬ、伝書烏が使えるエゴンです。

じつに658ページ。
厚いです。

それだけに前半の伏線部分は少し長かったのですが
物語が動き出すとがぜん面白くなります。

おお、そう来るかぁ~って感じですね。


後半やっとマツリカ(図書館の魔女)登場。
でもキリヒトが出てこない~。
その後のキリヒトを書いてもらいたいなぁ、と思ってしまう
キリヒトびいきな私です。

何日もかかって読むと、
登場人物が多く、人間関係や国の勢力争いがこんがらがってくるので
時間のある時に一気読み、がおすすめです。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海街diary | トップ | リトルプリンス 星の王子さ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。