blog

1220

2016-12-20 23:35:19 | 日記
「なんだい…

こそこそ
してんなぁ…」


私が
私に
悪態をついた

仕事の帰りの車の中
コンビニのガラスの前



あれも
これも
それも


まったく…







ケーキとコーヒー

あの時

きつく強ばっていたパートナーの顔が

ふいに和らいだ

どこ?

どこらあたり?



解ってくれたのかな

違うかもだけど

なにか

解ってくれたような気がする

なにかを

なんとなく



私は
あの時
何気ないふりしてたけど

内心

必死で
訴えていたのだ





「逃げるかもしれないと…思ってたんだ?」

逃げないよ

言わなかった
自分の
ずるさよ







「解ってる

ちゃんと回してる

でも

時々

悪い気持ちになる


少しずつ少しずつ

悪いもんが溜まっちゃう

私も
人間だから」



「目の前にすれば
優しくしかできない

とてもじゃないけど
ひどいことなんて言えない


だけど

後で

ひとりになった時


なにか…
奪われたような

食い尽くされるような

そんな気持ちに
なる時があるよ」






「もうしらない」

「ひとりでおもうようにいきれ」

「しんらいできないなら
そばにおくな」



捨て台詞を

別れの言葉を

用意したうえで





あるからこそ



焼きつかずに
済んでいる



隠し球のように
それを握りしめて



「なんだい

こそこそ

してんなぁ…」



嘘は言ってない

言わずにすませたいと

思っているだけだよ


嫌なことは言いたくない

言わせないで


誰も
私に
言わせないで



嫌なことを言うチャンスを与えないで


このまま

ずっと



隠しとおさせて





すべては

いちぶ


ぜんぶ

ほんの

いちぶ





だいじょうぶ

だいじょうぶ

いままでも

これからも
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1218 | トップ | 1220-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。