夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

古典芸能を楽しむ

2017年04月23日 | お出かけ
今日は古典芸能を楽しんできました。
正派若柳流定期公演に行きませんか」と
ご近所のOsさんからお誘いがあり
行ってきました。会場は国立劇場。

その前に若柳吉芳鏡さんの楽屋へ。
OsさんとMidoriさんにくっついてご挨拶
 
「まあまあ遠いところからご苦労様です」と
ご挨拶とお礼を言われた。
楽屋にはたくさんのお花が飾られていました。

楽屋の廊下には演目を終えた方々で
ごった返していました。
国立劇場の楽屋裏などはなかなか見る機会が
ありません。化粧部屋を覗いたり舞台裏を
ちょっと覗かせていただきました。
 
楽屋の入り口で素敵な着物姿の方を見つけ
カメラに収めました。そばに外人さんが
カメラを向けていたので
「一緒に写してあげましょうか?」と言ったら
嬉しそうにしてカメラに収まった。
後ろ姿も素敵です。
 
「素敵なお着物ですね」と言ったら
「この着物選んで良かった」と母親らしき
お方が嬉しそうに言いました。

さて国立劇場(大劇場)入ってみると
広いロビーに桜模様のふかふかの絨毯。
 

日本舞踊の会、ということで和服を着ている
方が多く見られました。
 
吉芳鏡さんの演目、常磐津「葛の葉」を見て
お昼は吉芳鏡さんが用意してくれた
赤坂有職のお弁当を頂く。
 
第一部の演目は4時過ぎに終了。全席入れ替え
第2部の観客が行列しています。

終了後私たちは皇居お堀端を歩いて東京駅へ

つづく

 
『ライブ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食パンの耳でクルトンを作る | トップ | 皇居お堀端プチ散歩を楽しむ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (縄文人)
2017-04-24 12:03:20
shizukata/さんの人間身の深さと、付き合いの広さを感じました。
国立劇場前は、霞が関に5年いましたので、何回となく行き来しましたが、中に入ることなく、職務に精励しました(笑い)
縁あったら行きたいものです。
能、狂言なども併せてみたいものです。

なるほどご婦人の方話和服で行かないと、マナーに外れるのかな?。
いいものを見せて貰いました。
つづきを楽しみに!!
縄文人さんへ (shizukata)
2017-04-25 20:51:11
たまには日本の伝統芸能を楽しむのもいいものです。
このように伝統芸能を習っている方々はお金持ちでないと
続きません。みなさん素敵な着物を着ていらっしゃいました。
観劇する人が皆和服を着ているとは限りません
というわけで、私は見るだけです。国立劇場はいろいろな
イベントをやっています。機会がありましたら出かけてみてください。

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL