夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

父が愛した曲 葬儀では流せない?

2017年05月13日 | 面白い話
先日のtVで面白い番組をやっていた。
「なぜ、父が愛した曲 葬儀では流せないのか?」

お葬式の葬儀場で
「父親が好きだった曲を流して送ってあげたい」と
思っても、営利目的の業者(葬儀場)の機材を
使うと「好きだった曲」は流せない。という事
だそうです。「何でや」と思いましたが
JASRAC(日本音楽著作権協会)
管理している楽曲で著作権が残っているものに
ついては手続きが必要となるそうです。
 
楽曲を使用する手続きをすると、その費用は
1曲につき料金2円(5分につき)だそうな。
手続きを踏めば楽曲の使用OKとの事。
葬儀の請求明細に「楽曲使用料2円」なんて
書くのでしょうか。
但し、葬儀場の機材を使わず自宅からカセット
レコーダーを持って行って音楽を流すのはOK
だそうで、なんともけち臭い話です。
私の姉の葬儀ではハワイアンを流しました

私の葬送の曲はビー・ジーズの「若葉の頃」
ジョン・デンバー、プレスリーもいいし。
クイーンナット・キング・コールいやいや
フランク・シナトラもいいし、バーバラ
いいね。なかなか決められない。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の中 ダンスレッスンに行く | トップ | 公民館の蕎麦打ちの会に行く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL