夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

月を愛でながら「獺祭」を飲む

2016年10月16日 | 美味しい食べ物
今日は朝から忙しい一日でした。
午前中篆刻(てんこく)の勉強会。午後から
墓参り。夜になってお月見パーティーです。

今日は久々に四街道のおじいちゃんおばあちゃんを
呼んでピザパーティーです。夜になってもあまり
寒くはなく、庭先でのパーティーです。
大人6人と大ちゃんも加わりまずはビールで乾杯。
 
爺さん同士が酒酌み交わし、竹笊や籠の話になり
フリマで出した竹籠が縁で、フリマに来た
 お客さんからたくさんの注文を受けて
 大忙し、嬉しいです」と言っていた。
竹籠を大量注文受けたとのことで、
「フリマではあまり売れなかったけど
 人の目に止まって良かったね」
「それもこれもフリマのおかげ」と言っていた。
「今では毎日朝食の後、竹籠部屋に篭って
 夜まで制作三昧です」とおばあちゃん。
「それよりも喜んで使ってくれる人が
 いてくれて、そちらの方が嬉しい」とおじいちゃん。
竹笊、竹籠作りの話に花が咲きました。

ピザ釜で大ちゃんのお父さんがピザを焼く
 
シーフードピザ、しらすのピザ、豆腐のピザ
など、変わりピザもあり
 
遊さんが送ってくれた「獺祭(だっさい)」を頂く。
大ちゃんのお母さん獺祭を初めて飲んで
「フルーティーで美味しいね、日本酒臭くない
 ワインのように飲める」と言う。
下戸の私にも飲めるお酒です。
「獺祭」本当に日本酒くささが感じられない。
これは海外でも評判を呼ぶはずです。

満月を見ながら楽しいおしゃべりに花を咲かせました。




ジャンル:
お酒・お茶
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「風に吹かれて」と「風が吹... | トップ | 篆刻(てんこく)勉強会に行く »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
獺祭竹籠盛り上がり (縄文人)
2016-10-17 07:13:47
「フリマで出した竹籠が縁で・・・・・・・・。
ハイ、忘れもしない100%覚えておりました。
  しょいカーゴ、竹かご。

これがご縁で大量注文、製作者の弾んだ声が聞けたでありましょう。
自分の制作が、世に認められた、うれしい限りでありましょう。酒も弾んで!!

以前も書きましたが、
   軒下で陽だまりを受けながら、竹かご作りが夢でしたが、夢で終わりそうです。

  ・ 月を愛で獺祭で竹籠盛り上がり

こんにちは~! (shizuo)
2016-10-17 11:27:29
月夜にお酒を酌み交わし、
みんなで楽しくピザパーティー。
シーフードピザ、しらすのピザ、豆腐のピザ…、
どれもお酒が進みそう、Shizukataさんよかったですね~♪
呑んでみたいです「獺祭」、超高級酒なんですね~^^。
Unknown (遊)
2016-10-17 19:15:31
楽しそうな宴ですこと。ほんとうに素敵な家族関係でいらっしゃる。羨ましいですがブログで私も参加させていただいているようです。かごおじさん、注文多くて良かったですね。緻密でお心のこもった作品は当然人の心をうちます。
みなさま、お元気でいつまでも宴が催されますように。
縄文人さんへ (shizukata)
2016-10-17 21:44:55
フリマでは高いもの(手作り品)はなかなか買い手がつきません。
それでも良さを見つけてくれた方がいて、終了後たくさんの
注文が入ったそうで、「作るのが間に合わない」と四街道の
おじいちゃんうれしい悲鳴です。フリマで大勢の人に見ていただいたおかげです。
竹で籠を編む人が減っているそうです。そのため作り方を教えて
くれる人も減っているそうです。
shizuoさんへ (shizukata)
2016-10-17 21:49:18
穏やかな湯おるのお月見パーティ、話が弾みました。食べきれないほどのピザを焼き〆は大ちゃんが作ったポトフ。
お酒が進みました。獺祭は日本酒というよりワインという感じです。
癖がなくて美味しいです。スーパーではなかなか売っていません。
ネットで買えます。一度試飲してみてください。
遊さんへ (shizukata)
2016-10-17 21:53:41
美味しいお酒ありがとう。この日のために1本取っておきました。
娘が獺祭の写真を友達にラインで送ったら
「贅沢!紙コップでなんか飲んじゃダメ」と言われたそうです。
月を見ながらいい器で飲むのが獺祭の飲み方なのでしょう。
本当に美味しいです。私にも飲めました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL