夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

ストーブを焚き始める

2016年11月02日 | だるまストーブ
寒くなってきたので、夜になってストーブを
焚き始めました。焚く前にお酒をふりかけ
父ちゃんが日をつけました。

あちこちから貰った薪がたくさんあるので
今シーズンも薪の心配はありません。

ストーブの周りに猫どもが集まってきます。
ソファーにはクロスケが

茶々丸も珍しく椅子の上

ギズモは椅子の下に陣取ります。

動物は心地よい暖かさをよく知っています。
『インテリア』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダンスレッスンに行く | トップ | 秋の茶会を楽しむ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
火入れ式 (縄文人)
2016-11-03 08:40:58

・ ストーブの真っ赤に燃える火入れ式
             北の国から雪の便りが

ストーブの火はほのぼのと、人間味があり
          暖かさを感じさせます。
ありがとうございました (sasara)
2016-11-03 09:56:59
先日は古民家のことありがとうございました。
里山や棚田が大好きで ドライブも観光地よりも田舎の普段の様子がうかがえるところを好んでお出かけしています。今度はお天気の良いとき 行ってみたいと思います。

炎に温かさが伝わってきます。いいですね。。。
だるまストーブに鉄瓶 お茶も珈琲もなんでも美味しいそう。
って、ストーブにのせたおでんや煮物など 食べ物ばかり想像してしまいますが。(笑)

子供のころはかまどにまき風呂だったので 当たり前のことでしたが、炎のある生活 憧れです。

縄文人さんへ (shizukata)
2016-11-03 20:51:12
昨日は思わぬ寒さにストーブを焚いてしまいました。
久々のストーブの暖かさにホッとしています。
いつもより半月ほど早い火入れでした。
もうストーブの季節、1年経つのは早いです。
sasaraさんへ (shizukata)
2016-11-03 21:01:04
sasaraさんが見た古民家はあの古民家だったのですね。
私も初めて見てその素晴らしさに驚きました。
また、通りかかったら寄ってみたいです。

まきストーブはいつも鉄瓶でお湯を沸かして飲んでいます。
もちろん冬の間はシチューなど鍋物をかけておきます。時間が
美味しい料理を作ってくれます。
薪ストーブは薪集めや薪割りが大変です。
おしゃれなだけではできません。が
心地よい薪ストーブの暖かさを覚えてしまうと苦になりません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL