夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

いせひでこの絵本を読んで分かったこと

2011年12月13日 | 愛読書
マイホーム習志野で父ちゃんとランチをを楽しむ。
父ちゃんは町会の仕事をしているので知り合いが
たくさんいる。
でここでも数人のおばさんと会っておしゃべり。
その間私は食堂内にある絵本を見ました。
ここの絵本棚にはなかなかいい本がたくさんあるのです。

その中から今日選んだ本、いせひでこ(伊勢英子)の
[ルリュールおじさん」

スケッチ風のパリの街中が素敵に書かれていて、
パリへ行った時を思い出しました。

今は暖炉も殆ど使われていないでしょうが
屋根の煙突はまだそのまま。

葉を落としたプラタナスやマロニエ。
冬のパリの古い街並みがよく描かれている。

セーヌ川沿いにある古本屋(この本にはちゃんとストーリーがあります

パリの街が素敵に描かれている本だな~
冬のパリ又行きたいな。と、思いつつ
こんな素敵なスケッチ風の絵誰を誰が描いたか
知りたくてネットで調べてみました。

絵本作家、伊勢英子。たくさんの絵本を描いている。
調べてビックリ、この方ノンフィクション作家柳田邦夫の奥さんだった。
知らなかった。柳田邦夫と言えば、いろいろな事件の事を
たくさん書いて発表していますが、私が一番衝撃を受けたのは
自死した息子のことを書いた
「犠牲(サクリファイス)わが息子・脳死の11日 」(文藝春秋 )でした。
 息子が鬱になっていたこと、息子の苦悩をわからないまま
 自死させてしまい脳死状態になり亡くなる。
 その顛末を書いたものでした。
 それからの柳田邦夫は「脳死医療」についても
 いろいろと書いている。


そんな辛いことがあっても素敵な絵をお描きになる。
伊勢英子さんと柳田邦夫氏
今度展示会があったら行ってみたい。

『本』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水菜を貰いついでにランチ | トップ | 門松作りのお手伝い »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワンフレーズ (縄文人)
2011-12-14 05:55:30

  ☆ ランチして 父ちゃん話 ママ絵本 
             ころがり出した 柳田国男
オーット追伸 (縄文人)
2011-12-14 07:27:32
これでは民俗学者になってしまった。
  ↑ 改めて 柳田邦夫
     まぁいっかぁ~以後推敲チャントします、
縄文人さんへ (shizukata)
2011-12-14 23:16:24
☆絵本見て 柳田邦夫の 妻を知る

いやぁ~知りませんでした。こんな素敵な絵本を書いている人が
柳田邦夫の奥さんだったとは。なかなか素敵な方です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL