夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

映画「80日間世界一周」を見る

2017年06月13日 | 映画 TV
NHKBSで映画「80日間世界一周」をやっていた
原作は
 ジュール・ヴェルヌによる1872年出版の
 フランスの小説。
 イギリス人資産家フィリアス・フォッグが
 執事のパスパルトゥーを従え、後期
 ビクトリア朝時代の世界を80日で一周
 しようと試みる、波瀾万丈の冒険物語
 である。
とWikipediaにある。
原作を元に60年ほど前に制作された映画
音楽と共にヒットした。今でいう世界ご当地
映画というところです。
主演のデビット・ニーブン、カンティンフラス、
シャーリー・マックレーン、そのほか
ちょい役で、かなり有名な俳優が出ている。
マレーネ・ディートリッヒ、フランク・シナトラ
ピーター・ローレ、バスター・キートン等々
ジョン・ギールグッド(右)も若い。

御者役のフェルナンデル

パリ上空を気球で飛び、
ガルグイユの向こうに
アンバリッドが見える。

アルプスモンブランの雪をすくい取り
シャンパンを冷やす。
 
勿論日本(横浜)にも来ます。といっても
画面に出てくるのは鎌倉大仏と京都?

へんてこりんな芝居小屋、日本というより
中華っぽい。変な日本人が出てくる。

飛行機もジェット機も無い時代、太平洋を船で
アメリカへ。洋上からの富士山は変わらない姿。

アメリカは大陸横断鉄道を使い

インディアン(スー族)の襲撃を受け

騎兵隊が征伐する。
あの頃、未だインディアンは悪者だった。
インディアン=悪者という映画は、長く続き
映画ソルジャー・ブルー
できてアメリカの西部劇映画は変わった。

60年も前に作られた映画なので。ちょっと
おかしい?ことはいろいろありますが
カンティンフラスのパスパルトゥ役が
狂言回しでなかなか面白い。。

おまけ、カンティンフラスのダンス(サルサ?)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 69歳になったあおい輝彦さん | トップ | 芋畑の草取りのお手伝いに行く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画 TV」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL