夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

日々の生活、男の料理、庭仕事、気になった事など気ままに綴っています。

新交響楽団のコンサートに行く

2017年10月09日 | 音楽
昨日は忙しい一日でした。浅草橋に行って
その後友達と池袋の東京芸術劇場はへ。
アマチュアオーケストラ新交響楽団
定期演奏会に行きました。

演目は↓

早坂文雄さんという作曲家知りませんでした。
「左方の舞と右方の舞」初めて聴く曲です。
早坂文雄、映画の挿入歌を多く手がけていた方らしく
「左方の・・・・」も何となく時代劇を思わせる
感じがしました。
次は黛敏郎の「曼荼羅交響曲」これも初めて聞きました。
楽器の配置が変わっている。このようになります。↓

出てくる楽器も面白いものがあります。

グロッケンシュピール(鉄琴)
タムタム(銅鑼)
キン(仏壇にあるおリン)大中小
テューブラーベル(のど自慢の鐘)
チェレスタ初めて見た楽器 
弦五部(第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、
 ヴィオラ、チェロ、コントラバス)
と変わった楽器が出てきました。
が現代音楽、と言うより武満徹の前衛音楽的
感じのする。曼荼羅交響曲。珍しい楽器が
どのように使われているのか、打楽器の
奏者ばかりに目がいってしまいました。

最後はホルストの「惑星」大宇宙空間に
小さな星々が飛び交い交錯するという感じの
曲で、一番有名な楽曲といったら何と言っても
「木星」でしょう。

約2時間のコンサートを楽しみましたが、
私も友達の Kdさんも現代音楽(前衛?)は
「ちょっと好みじゃないね〜」と帰って来ました。

それにしても東京は婆さんたちにとって
人が多すぎて疲れる街です。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉県少年少女オーケストラの演奏会に行く

2017年09月17日 | 音楽
篆刻勉強会の時間中電話あり、出てみると
尾曽さんの奥様から
「急なんだけど今日、演奏会に行く予定が
 急用で行けなくなった。ついてはKさん
 行ってもらえないかしら?」との連絡。
時間は1時開場、2時開演。
思わぬコンサートの連絡に「喜んで」となりました。

今日は午前中、篆刻(てんこく)勉強会で、その後
お茶会に行く予定でしたが、茶会は台風のため急遽
中止、順延となったので午後は空いていた。

コンサート会場は千葉県文化会館。雨の中でかけました。
チケットは開場入り口で尾曽さんのお嬢様のMidoriさんと
待ち合わせ。開場には地域新聞の茜さんと顔なじみの
Mさんも来ていて「やあやあ」となりました。

Mさんとは昨日の習志野音楽祭でも会ったので
「昨日はオペラ歌手の歌声と民謡を堪能
 今日はクラッシック演奏会と忙しいね」と
顔を見合わせて笑いました。

千葉少年少女オーケストラの演奏会です。
演目はピアノ協奏曲4曲

客席はほぼ満員。千葉県少年少女オーケストラの
演奏会は、入場料も1000円とリーズナブル。
オーケストラの質も高いので、かなりの人気です。

演奏するピアノは スタインウェイ・アンド・サンズ

カデンツァの時のピアニストの指の動きは
驚くばかり。
それもピアノ演奏者は若い人ばかり。グリーグの
ピアノ協奏曲を演奏したのは、未だ中学三年生。
オーケストラをバックに堂々と弾いていました。

久々の演奏会、ピアノ曲を堪能して4人でおしゃべりを
楽しみ帰ってきました。

今日も忙しくも楽しんだ一日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

習志野音楽祭を覗いてみた

2017年09月16日 | 音楽
公民館で「習志野音楽祭があるから来てください」と
主催している尾曽さんから以前連絡がありました。
「土曜日はダンスのレッスンがあるから
 行けません」と言ったものの、今日は音楽祭と
ダンスレッスン会場が同じだったのでレッスン終了後
音楽祭のホールに行ってみた。
立川かずささんの歌が始まっていてそれを聞いた後
 
トリは原田直之さんの民謡をじっくり聞きました。
 
「美しき我が故郷」「新相馬節」「斉太郎節」
「南部馬追歌」など、誰でも知っている曲や
三橋美智也、春日八郎の曲など歌い、軽快な
「花笠音頭」で締めました。
原田直之さん歌はもちろんのこと、軽妙なトークも
面白かった。

復興ソング花は咲くでも歌っている(2分頃から)

素敵な民謡の数々を聞いて、しかも入場無料。
こりゃ、次回も聴きに行こう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポーツショー行進曲を知ってますか?

2017年08月23日 | 音楽
夏の高校野球が終わりました今年優勝したのは
埼玉花咲徳栄高校が優勝しました。

それはさて置き、NHKのスポーツ番組の
オープニングで掛かる曲は「何?」と
思いました。
と言うのもこの曲は我々の小中学校の
運動会の行進に必ず流れていた曲でした。
「この曲は運動会に必ず流れていたけど
 なんていう曲なんだろう」と父ちゃんに
聞いたら
「確かに運動会ではこの曲で行進していたが
 曲名はしらんなぁ」と父ちゃん。

パソコンで「高校野球の行進曲」で検索
1924年からの入場行進曲一覧が出ていた。
私が小学校の頃にすでに聞いていたので
多分、1951年のこの曲「スポーツショー行進曲」かな?
と思いYouTubeで聞いてみました。
その通りでした。

何処か懐かしい昔の曲、何気なく聞いて
いたものの、60年以上も経ってやっと
曲名が分かったと言う次第です。
「スポーツショー行進曲」あの頃としては
なかなかハイカラな曲名と思いました。
とはいえ、1924年初回の行進曲が
「星条旗よ永遠なれ」「双頭の鷲の旗の下に」
で始まっている。この頃は未だアメリカと
戦争なんて考えていなかった?
1928年には「モン・パリ」宝塚のレビュー曲
戦争中はさすがに軍歌調の行進曲になり
戦後になると「金の鳴る丘」「異国の丘」
そして「スポーツ行進曲」「君が代行進曲」
続いてアメリカからどんどん入ってきた映画の
テーマ曲「黄色いリボン」「錨を上げて」
「セントルイスブルース」
1958年には「クワイ河マーチ」
1961年「バッファロー大隊マーチ」以降
日本のヒット歌謡曲になり現在に至る。

映画「戦場にかける橋」のテーマソング
「クワイ川マーチ」も使われていた。
でも、この曲の本当の意味を知っていたら
高校野球の行進曲に使っていたでしょうか。
知らぬが仏と言う事です。

「スポーツショー行進曲」私にとって
懐かしい曲の一つです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月16日はプレスリーの命日

2017年08月16日 | 音楽
8月16日はエルビス・プレスリーの40回目の
命日とYahooニュースに出ていた。
プレスリーといえばロックンロールの王様と言われた。
「ハートブレイクホテル」「監獄ロック」
「優しく愛して」など、下記の通り
ビルボードナンバー1ヒットを数々出しました。

ナンバー1ヒットは全18曲、合計80週間である。
曲数はビートルズに次ぐ歴代2位である。
週間数に関しては歴代1位である。ちなみに
2位はマライア・キャリーの79週。(ビルボードに準拠)
 
 全米ナンバー1獲得曲
ハートブレイク・ホテル (Heartbreak Hotel) 1956年 8週間連続1位
アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー
 (I Want You,I Need You,I Love You) 1956年 1週間1位
ハウンド・ドッグ (Hound Dog) 1956年 11週間連続1位
冷たくしないで (Don’t Be Cruel) 1956年 11週間連続1位
ラヴ・ミー・テンダー (Love Me Tender) 1956年 5週間連続1位
トゥー・マッチ (Too Much) 1957年 3週間連続1位
恋にしびれて (All Shook Up) 1957年 9週間連続1位
テディ・ベア (Teddy Bear) 1957年 7週間連続1位。
 エルヴィスは「なぜこんな曲が7週もNo.1になったのか」と
 疑問に思ったという。
監獄ロック (Jailhouse Rock) 1957年 8週間連続1位
ドント (Don’t) 1957年 5週間連続1位
冷たい女 (Hard Headed Woman) 1958年 1週間1位
恋の大穴 (A Big Hunk o’ Love) 1959年 2週間連続1位
本命はお前だ (Stuck On You) 1960年 4週間連続1位
イッツ・ナウ・オア・ネバー (It’s Now or Never) 1960年 5週間連続1位
今夜はひとりかい? (Are You Lonesome Tonight?) 1960年 6週間連続1位
サレンダー (Surrender) 1960年 2週間連続1位
グッド・ラック・チャーム (Good Luck Charm) 1961年 2週間連続1位
サスピシャス・マインド (Suspicious Minds) 1969年 1週間1位

その他
フール・サッチ・アズ・アイ ((Now and Then There's) A Fool Such as I)
 1959年 全米2位、全英1位
好きにならずにいられない (Can’t Help Falling in Love) 1961年 全米2位、全英1位
心の届かぬラヴ・レター (Return to Sender) 1962年 全米2位、全英1位
イン・ザ・ゲットー (In the Ghetto) 1969年 全米3位、全英1位
バーニング・ラヴ (Burning Love) 1972年 全米2位、全英7位

以上Wikipediaより抜粋

伊丹十三が書いた「ヨーロッパ退屈日記」に
こんな事が書いてある。

知り合いのチビが、プレスリーのハウンド・ドッグの
最初の一行だけを覚えてきて、これを飽かず繰り返した
ことがあったのですが、これがまた神秘だった。

ユエンナツバラハウンドドッグ

というのです。
ユエン、ナツバラ、なんて、まるで日本語じゃないか。

湯煙りの 立つや夏原 狩りの犬

なんてね。
これは、ユー エイント ナシング バット ア ハウンッド・ドッグ
ということなのでした。
 本より抜粋

という事でプレスリーのハウンドドッグを聞くと 湯煙夏原を
思い出してしまうのです。


プレスリー、映画にもたくさん出ていましたが
私は「ブルーハワイ」しか見ていない。役者としては
大根だったように思います。

とはいえ歌はロックからバラードまでいい曲
たくさん歌ってました。
今はYouTubeでいくらでもむかしの曲が聴ける
便利になったものです。

腰をクネらせて踊りながら歌うプレスリーの
姿に世の大人たちは「不良」の歌だと言った。

プレスリーが亡くなって40年、私はプレスリーの
レコードをたくさん持っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レコードが復活してきた?

2017年07月17日 | 音楽
先日の新聞に「レコード 若者に響く」と
題したコラムが載っていた。

アナログレコードの人気が若い世代を中心に
復活している。インターネットで配信される
デジタル音源とは違った温かみのある音質や
好きな曲を「モノ」として手にする実感が
評価され、ここ数年、国内の生産枚数は
増えている。
と出ている。
昔は音楽を聞くというのはラジオだけでした。
それがステレオタイプの蓄音機が登場すると
レコードがたくさん生産されましたが
買うのにはまだ高かった。
それで、貸しレコード屋(今でいうTSUTAYA)
があちこちにできて、レコードを安く借りて
それをテープに吹き込み聞いていました。
レコードの最盛期は1970年代後半とある。
年間2億枚も作られた。
1980年代に手軽なCDが登場。
さらに、2000年代に入ると音楽のネット
配信が普及すると。2009年にレコードは
10万枚に激減した。
とある。
半世紀(50年)も経つと世の中、変わるものです。

私が小さかった頃はレコードなんて
目にすることなかったし、音楽は箱形の
小さいラジオから流れる音質の悪い曲を
ラジオに耳をつけて聞いていた。

音質のいい6球(真空管)スーパーラジオを
父が買ってきたときは、家族がラジオの前に
座って落語やら浪曲を聞きました。

戦争に負けた日本、父は洋楽(アメリカ音楽)を
嫌い、その頃ヒットした洋楽は聞けなかった。

オリジナル薬粧がスポンサーとなって、日曜日の
午前中によく聞いていた音楽番組がありました。
あの頃(50年代)のヒット曲は視聴者のハガキ
投稿でヒット曲が決まり「ジャイアンツ」
スリー・サンズの「誇り高き男」
ビクター・ヤングの「エデンの東」
子役のブランドン・デ・ワイルドが
「シェーン、カムバック」と叫ぶ、映画「シェーン」
「遥かなる山の呼び声」
「慕情」等々。映画音楽のテーマ曲が全盛でした。
映画「ジャイアンツ」
ディミトリ・ティオムキン作ワーナーブラザーズ
オーケストラの重厚なテーマ曲よく聴きました。


今はスマホ、パソコンでも音楽が聴けるようになり
半世紀以上前とは様変わり。音楽の聴き方も
変わりました。
レコードは選曲が面倒な分、奥行きのある
 良い音を再生が終わるまでしっかり楽しむ
 感覚がいい」
とも書いてある。
レコードに落とす針も鉄針(今でも売っている)から
ダイアモンド針に変わって音質はグンと
良くなりました。
音質の悪い音を聞いていた私からしてみたら
今の CDやネット配信の音楽の音質に文句
なんて言えません。いい音の音楽が自由に
聴けるいい時代になったという事で、
若者の心に響く音質のレコードは
「贅沢、ゼイタク」と言えるでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏はやっぱりハワイアンでしょ

2017年07月11日 | 音楽
連日30度を超える暑い日が続いています。
我が家は冷房完備していない。夕方になって
やっと涼しくなり、夜はいい風が吹いてきます。
そんな暑い日の夜に聴く音楽はハワイアンです。
「The Best Of Hawaiian」というCDがある。
確か、フリマで安く買った物

アンディ・ウイリアムスが歌っているのは
知っていたものの

他は誰が歌っているのか?とパンフレットを
見たら、マーティ・ロビンスも歌っている。

マーティ・ロビンスががハワイアン?

マーティ・ロビンスはカントリーでしょ
この曲やエルパソ

やたら歌詞の長い歌です。
エルパソの酒場でファム・ファタール(魔性の女)
フェリーナに恋をしてしまったが、
フェリーナを巡って戦い、人を殺めてしまう。
それからの逃避行。恋するフェリーナの所に
戻ったものの、撃たれてしまう。悲しいかな
フェリーナの腕に抱かれて最後を迎える。


物語性のある曲で、私の好きな曲です。
マーティ・ロビンスはこの様なカントリー
ソングをたくさん歌っている

そのマーティー・ロビンスがハワイアンを
歌っていたとは知りませんでした。
マーティ・ロビンスハワイアンを歌う
ファルセット(裏声)もなかなかいい。

夏の夜ハワイアンを聞くのもいいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医者の待合室で聞いた曲 Somewhere in Time

2017年06月14日 | 音楽
今日は月に一度、糖尿病の薬をもらいに
F医院に行ってきました。
今日は以外と空いていて、待ち時間がなかった。
呼ばれて入っていくと。
「先月は血糖値高かったけど、今日は
 どうかな?」と先生
採尿、体重、血圧を測って
「尿タンパクも出ていないし、血圧も
 正常、血糖値は?」
今日はヘモグロビンA1cを調べるため
採血しました。
「血糖値130です」と看護師のお姉さん。
「あら、血糖値いいじゃない」と先生。
「先月、高かったのは何でかね?」と言ったら
「薬を変えたので、それが合わなかったのでしょう
 今回は血糖値が下がったので今までの
 お薬を続けていきましょう」と先生。
私が薬をついつい飲み忘れるので、週一の
薬に変えたら、それが合わなかったという事か。

待合室で会計を待っていたら、聞き覚えのある
曲が流れていた映画「ある日どこかで」
テーマ曲(Somewhere in Time)と、続けて
ラフマニノフの挿入音楽が流れた。
このところ映画を見て以来よく聞く曲です。
映画「ある日どこかで」は結構マニアックなファン
いるらしい。ラフマニノフの挿入曲の題名は
以前にもブログにアップしましたが、曲名を
未だに覚えられない私です。

医者の待合室でこんな曲(Somewhere in Time)
聞くとは思わなかった。いい曲です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デューク・エイセツ

2017年05月26日 | 音楽
今朝の新聞のコラムに
デューク・エイセツが今年いっぱいで活動終了」と
出ていた。

デューク・エイセツといえばダークダックス、
ボニージャックスと並んで、四人組の
コーラスグループとして、長く活躍していました。
とはいえ彼らも寄る年波にはかないません。
ダークダックスも3人が彼の地に旅立
活動終了しています。昔はこのような
男性混声グループがいい歌をたくさん歌って
いました。

今はこのようなコーラスグループはなくなり
若い人たちのグループが歌う歌はメロディーのない
ラップやヒップホップが流行り、婆さんには
何て歌っているのかはさっぱり分からずです。
今時の人はこのような歌(?)がお気に入り
なのでしょう。年取ったら
「あの曲(ラップ)はいい曲だった」と
思うのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペギー葉山さんが亡くなった

2017年04月12日 | 音楽
「ペギー葉山さんが亡くなった」と TVニュースで
報道された。

歌手とはいえ、最近のTVの歌番組は若者主体なので
昔の歌手は懐メロ番組しか出てこない。

たくさんのヒット作がありますが、
外国のカバー曲も多くポップス主体でしたが
「南国土佐を後にして」で演歌的な歌が
大ヒット。もともと歌唱力のある人なので
どの曲を歌っても上手かった。
It's Been A Long Long Time もカバーしていた。 

この曲↑を聞いた父ちゃん
「ハリー・ジェームスか、懐かしい曲だな」

「昔はこのようなビッグバンドの曲が
 多かった。このような曲はダンス
 音楽でブルースが多かったね」

「ずいぶん昔のことで、あの頃はレコードも
 買えない時代だった」と昔話に花が咲く。

ペギー葉山さん3月30日まで自身のブログ
書いている。83歳急逝ということでしょう。
いい歌たくさん歌ってました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしいハリー・ジェームスを聴く

2017年02月04日 | 音楽
図書館で座り読みしていたらある本に
湯川れい子さんのエッセイが載っていた。
ページに載っていた写真にハリー・ジェームス
CDが写っていた。

湯川れい子さんの戦死したお兄さんが
ハリー・ジェームスのスリーピーラグーンを
よく口笛で吹いていたそうな。
(こちらのブログに詳しい)湯川れい子さん
それに影響されて音楽評論家になったとか。
ハリー・ジェームスといえば、なんといっても
名曲スリーピーラグーン(眠れるサンゴ礁)でしょう。

昔(60年ほど前)私もよく聞きました。
亡くなった兄も好きな曲でした。
最近はこのようなビッグバンド演奏の曲を
聞かせる楽団が少なくなりました。

パソコンで動画を検索すると古い曲をたくさん
聞くことができます。スリーピーラグーンも
動画でたくさん出てくる。時々昔懐かしい曲を
聞くのもなかなかいい。便利な世の中に
なったものです。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新交響楽団の定期演奏会に行く

2017年01月29日 | 音楽
今日は友人に誘われてコンサートに行きました。
新交響楽団の定期演奏会です。
会場は池袋駅前の東京芸術劇場コンサートホール

今日の演目は
トビッシー(牧神の午後の前奏曲)

ストラビンスキー(バレエ音楽「火の鳥」)他でした。
 
指揮は矢崎彦太郎、場内ほぼ満席。
どちらも有名な曲でしたがストラビンスキーの
バレエ音楽「火の鳥」は音楽だけだとなかなか
入って行きにくく、私には「現代音楽』のように
感じられた。「火の鳥」全曲は長すぎる。
が、久々の生演奏会、楽しみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノ曲とフランク永井とフランクシナトラ

2016年12月28日 | 音楽
昨日の雨も上がり今日は晴天になりました。
朝からベランダに柿渋を塗る作業をしました。

その後は暮れに備えての大掃除。
モーツアルトのピアノ曲を聴きながら掃除です。

夕方買い物に行って車の中で聞いたのは
フランク永井の曲「公園の手品師」を聞く。
「今このようなシャンソン風な歌
 聞けなくなったね。今時の歌は
 歌詞が途中でちょん切れる歌ばかりで
 何歌っているかわからん」と私と父ちゃん。
最近の歌と歌手に疎くなった二人です、

晩御飯を食べてのんびりブログをアップしながら
聞く音楽はフランクシナトラです。

海の向こうの歌もフランクシナトラのように
しっとりと聴かせる歌手がいなくなったか?
フランク・シナトラは今頃聞くのに丁度よい。

今日も1日お疲れさんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオから流れるクリスマスソング

2016年12月24日 | 音楽
昔(50年ほど前)は12月に入るとクリスマスソングが
ラジオからしょっちゅう聞こえてきましたが、今は
クリスマスシーズンになってもあまり流れない。
今日でクリスマスシーズンもお終い。ということで
クリスマスソングのCDでも聴きましょう。

クリスマスソングと言ったら一番に上がるのが
ビング・クロスビーの「ホワイトクリスマス」
ですが私は若い頃からパット・ブーンの歌う
「ホワイトクリスマス」がお気に入り。

ホワイトクリスマスは色々な歌手が歌っている。
アンディ・ウイリアムス、トニー・ベネット
フランク・シナトラ、ロック調で歌うプレスリー
ホワイトクリスマスもなかなかいい。
YouTubeで聴き比べても面白いかも。

クリスマスにちなんで「ク・リ・ス・マ・ス」と
言う歌もある。

 クリスマスの "ク”は靴下ベッドに下げてある
 ”リ”はリンリン響くベル サンタのソリが来る
 ”ス”はすてきなぷれぜんと
 ”マ”は待ちきれなくて眠る子供
 ”ス”はスヤスヤ夢見てる クリスマス・ディ

孫たちも大きくなりサンタクロースを信じる
こともなくなり、じいさんばあさんは家族で
楽しむクリスマスとは、遠い昔の事となりました。

そういえば昔(50年以上前)クリスマスが
近づくとレストランや喫茶店は「クリスマス価格」と
称して普段よりバカ高い値段になりました。
ケーキ屋さんにはデコレーションケーキが
山積みになっていたし。浮かれた酔っ払いも
たくさんいた。今はそんな事がないのでしょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ピコ太郎のPPAPがギネスに登録された

2016年11月01日 | 音楽
今、巷で大流行りのPPAPという歌(というよりラップ)が
世界最短の曲という事でギネス登録された。そうで、

こりゃ短いわ、世界中でヒット?しているとのこと。
この動画見て
「ん、誰かに似ている、トニー谷だ」と思った私。
昔一世を風靡したトニー谷
「さいざんす」「おこんばんは」「ネチョリンコンでハベレケレ」
「レイディースエンジェントルメン、アンド
おとっつぁんおっかさん」「バッカじゃなかろか」など
ハナモゲラ語でまくし立てた姿が懐かしい。
世界各国で評判になったPPAP動画。
イケメンの若い男性が歌うとセクシーな歌になる。
こっちもいいね。なんてばあさんは思ってしまう。

もう一つピコ太郎の歌ってる姿を音を消してみると
後ろ姿がクィーンのフレディー・マーキュリー
見えてしまう。というのはちょっと違うか。

こんな短い曲がビルボードトップ100に入ったとか
音楽の世界も変わった。という事です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加