2006-2015 ひねくれた日常

資本主義の欲望にまみれた日常生活はとても楽しい。いつまで楽しく暮らせるのだろう?いつまでも楽しく暮らすために考えよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地球温暖化対策がAPECで話し合われた

2007年09月08日 | 地球のこと
二酸化炭素の削減目標として、「2030年までに域内のエネルギー効率を05年比で25%以上改善する」としている。

「うちは二酸化炭素の削減はやらないからね。」と言っていたアメリカと、これからどんどん発展して二酸化炭素を大量に出しそうな中国が参加したのはエライと思いました。

でも、経済発展がやっぱり一番大事みたい。

これからも経済を発展させるのだけど地球温暖化もまずいから、経済発展しながら二酸化炭素も削減していきましょう、という内容に取れた。

「これ以上温暖化させないように経済発展できたらいいな。」

ぐらいの感じでしょうか。

話し合わないよりはずーっとましだけど、すぐに効果が期待できるような会議では無かったと思いました。

APECには地球の王様の役はムリみたいです。

アメリカが急に気が変わって、「これからは、地球の未来が経済発展より大事だ!」と言って、全世界に温暖化対策を進めたら、王様になれるかもしれない。

中国も、あるていど経済発展して気が済んだら、あるいは経済発展より地球が大事と言う考えになるかもしれない。

地球を救う王様になるのは、世界で一番の国になった国がなるしかないのだろうと思う。

アメリカが衰退すれば、中国が民主的な超大国になるのかもしれない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和歌の時代 勉強の時代 | トップ | 中国はどうなっていくのか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
APECで温暖化の話し合い (みどりのジュータンがまっている)
オーストラリアでAPECの首脳会議があり地球温暖化についての話し合いもあったようですが 日本やオーストラリアなどが積極的に二酸化炭素の削減を訴えてもアメリカが京都議定書当時より前向きになってきたようですが アジアの発展途上国は経済成長を優先したいため日本な...