思い出の記

見たこと、聞いたこと、感じたこと、忘れられないことを記す!

関ヶ原から今須宿へ史跡探索!

2016年10月13日 | 日記
関ヶ原マーブルクラフト

ショウルームを見学、彫刻美も堪能できました!


十九女池公園周回!


桃配山 徳川家康最初陣地!
672年に起きた壬申の乱のおり、大海人皇子(後の天武天皇)が野上の行宮からここ不破の地に出陣して名産の桃を全兵士に配り戦いに快勝した。その奇縁により、桃配山と呼ばれるようになった。


野上行宮跡を訪ねてみます、(国道21号線沿いにある、信念寺脇の道から入り、新幹線をくぐります!)


野上行宮から展望良かったのだろうな?


*********
鶯の滝
西の今須峠を上り下りする旅人の心を癒してくれる恰好の場所で あったようです!


常盤御前の墓


常盤地蔵


今須の一里塚!


青坂神社!、神社よこから妙応四等三角点へ登ります!


尾根から伊吹山が見えます!


妙応四等三角点(259.68)、もう一つの標石は?


関ヶ原合戦は、家康の勝利で幕を閉じた。翌日、家康公は石田三成の居城のある近江佐和山へと軍を進めて いるが、その途中、
今須宿の伊藤家で休憩した。その際、家康公は庭にあった石に腰掛けた、その石は青坂神社におかれていたが、今は妙応寺にある!


妙応寺は線路を潜る!!


今須宿!、本陣、脇本陣跡へ!


赤い橋を渡ると今須八幡神社!


神社!桧皮葺の一間社流れ造り、正面に千鳥破風、向拝軒は唐破風と重厚な建築様式!


国境!近江と美濃の国境は、この碑の東10m余にある細い溝だった。


寝物語の里
この溝を挟んで両国の番所や旅籠があり、
壁越しに「寝ながら他国の人と話合えた」、源義朝を追ってきた常盤御前、源義経を追ってきた静御前がここで家来と会えた話が残る!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東山一万歩コース 散策 | トップ | 六所山・炮烙山 登山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む