猫の日暮らし

外で生まれた子猫を保護したことがきっかけで
公園の猫まで気になる様に、、、南大阪で猫ボランティアはじめます。

Wキャリアのオーレちゃんが幸せになってくれました!

2017-04-23 21:16:44 | 2017年チョコちゃんオーレちゃん保護

Wキャリアのオーレちゃん お腹すいた〜と鳴きます!

もう1部屋フリーなので、窓から外を眺めている姿を見ます。

抜け毛でどこにいたかもすぐ分かります。

ケージにはいません。でもお部屋に行くと

あわててケージの最上階にいきます。

近づくと相変わらずシャーなのですが

なでるとスリごろに大変身〜(笑)。

甘えん坊なんだけど、まだちょっと怖いんだよね、、、。

今この仕事場で保護している猫白血病キャリアのリクちゃんも

Wキャリアのオーレちゃんも強烈なツンデレ猫です。

せめて、どっちかスリごろにならないかな〜(笑)。

でもオーレちゃんのほうが人との距離が近いです。

性格もマイペースでおっとりしていて、外生活はこの子にとって

ものすごく過酷だったと思います。

オーレちゃんも1部屋フリーにして

2部屋キャリア猫に使っているので

うちはキャパいっぱいになりました。

これからの活動内容もすこし考えないといけないなと

思っていました、、、。

ダブルキャリアが判明したときは、長いつきあいになりそうなので

オーレちゃんとリクちゃんを同室保護にしようかと思いました。

そのうちに仲良くなるかも、、、

でも、猫よりまず私たちになれてもらってから

ケージは早く卒業してのびのび暮らしてほしいと

思ったので、同室にはしませんでした。

お鼻の横の黒い汚れ、消毒してみました。

きれいになるかな〜

上から見おろすのが好きなようで〜

なでなでをやめるともっと!と猫パンチがとんできます(笑)。

はいぃ〜となでさせていただいてます。

オーレは王子様〜気高いの!!

目が二重に見えるんだけど〜

はぁあ〜美猫すぎる!もふもふかわいいなぁ。

顔周りのたてがみがかっこいいなぁ。

儚げな表情、潤んだ瞳、気品にあふれてますね!

見ていて飽きません、長毛にはまりそう〜(笑)。

でも、お腹のあたりのブラッシングができません〜

胸毛がもじゃもじゃです(笑)。

 

 

オーレちゃんも里親募集をさせてもらうことにしました。

えっ!Wキャリアでしょ、貰い手ないでしょと思いますよね。

私たちもそう思いました。

病気の子はボランティアがそのまま看取る事が多いですよね。

私たちもキャリアの猫は自分たちでお世話することになると

思ってました。うちは自宅保護ではないのもあるのですが

猫白血病のムクちゃんを看取り、1年間、猫白血病のリクちゃん

をお世話して考えが変わりました。

 

オーレちゃん今を元気に生きています。

まだ看取りなんて段階ではありません。

自宅から車で30分程の仕事場にお世話に通っているのですが

行って缶詰のごはんはすぐに食べてもらい、ドライフードを1日分

置いて帰るんですね。

それが全部食べていないことがあったんです。

これだけで、ぎくッとしてオーレちゃん食欲ないの、なんて

心配になりました。(そのあとシーバやら黒缶やら食べました)

猫は具合が悪いとごはんを食べません。

家の猫にそんな心配した事ないのに、Wキャリアのオーレちゃんは

ちょっとしたことが心配です。

だからオーレちゃんがおいしそうに食べてもぐもぐするのを

見るだけでなんともじーんと幸せな気持ちになります。

いつも鶏のゆでたのとかちゅーるトッピングごはんです。

ドライもしっかり食べてくれます。

おいしいものいっぱい食べてね〜

私たちもこんな活動していないときは、保護されたんだから

もう大丈夫、安心だよねと思っていたふしがあります。

でも保護された状態って幸せではないんです。

オーレちゃんにも一緒に暮らしてくれる家族

いつもみてくれる飼い主さんができるのが一番だと思いました。

猫白血病を発症したムクちゃんには残された時間がなくて

それができませんでした、、、。

 

保護は一時のもの、ずっとのお家につなぐのが

保護活動だと思ってやっています。

保護されて生きていく最低限の暮らしをしてはいますが

もっともっといい環境に身をおいてやりたいという一心で

後見人を私たちがつとめ、高齢者、一人暮らしの方

留守が長い方でも大丈夫です、発症したら引き取る事も可能と

エイベットさんで里親募集をお願いしたら、その日のうちに

お問い合わせがあり、翌々日に譲渡となりました。

信じられない〜

 

その方は、実家でずっと猫を飼われていたのですが

今は出張があって猫を飼わずにいたそうで

サポートしていただけるならぜひ!

と応募してくださいました。

お連れすると、すぐに里親さんになでてもらって

機嫌よく、すりすりして、先住うさぎさんとも威嚇もなく

お目々まんまるで見ていた姿が、なんともかわいくて〜

里親さんはオーレちゃんのすべてを受け入れてくれていました。

もう夢のような気持ちです。

やはり、幸せは求めないと〜

待っていては幸せにはなれないんですね。格言です!

オーレちゃんは私たちが思うよりも

ずっと幸せになる可能性を持っていました。

 

 

病気である運命は変えてはあげられないけど

今いる境遇は変えられる事が出来ます。

ムクちゃんが導いてくれたんだと思いました。

元気なうちに人のぬくもりや優しさ、生きる喜びを

たくさん味わってほしいです。

幸せになれるのは、生きていればこそ、、、

今なんですねー。

 

譲渡した帰りに造幣局の通り抜けに行ってきました。

この日の桜はとてもきれいでした。

オーレちゃんと里親さまの幸せと健康が長くいつまでもつづきますように

私たちもサポートしていきたいと思っています。

オーレちゃんが幸せになってくれて、みんなが笑顔になれたよ〜

 

今回の里親募集はエイベットさんにお願いしました。

エイベットさんは医療機関であり、情報発信力がすごいんです。

エイベットさんは大阪の松原市にある獣医師が中心となってされている

団体さんなのですが、保護動物の医療支援やTNR手術支援

里親探しのお手伝いまでされています。

里親さん探しに困ってる方、ぜひ相談されるといいと思います〜

全国どこにでも発信されています。

毎日素敵なブログを更新してくださっていて

優しさと元気がもらえます! 

本当にありがとうございました!!

募集のページhttps://ameblo.jp/avet-amami/day-20170411.html

幸せ報告https://ameblo.jp/avet-amami/entry-12265516187.html

こちらも合わせて読んでくださいね〜

必ず幸せになれます!

 

 

 

ブログランキングにも参加しています。


里親募集(猫)ランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

オーレちゃん運命の人に出会いました〜

ご訪問ありがとうございます

 

『猫』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒猫チョコちゃん完全に家慣... | トップ | 4月のTNR活動のお手伝い 雌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2017年チョコちゃんオーレちゃん保護」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。