ミョウガの果実

2017-05-25 | 野帳2017

ミョウガの芽生えを書たのに、実の写真がないことに気がつきました。
昨秋はいくつかの果実を見つけました。

ミョウガは、薄黄色のとてもきれいな花をつけます。
花が咲く前に採ってたべるので、花が咲いているとがっかりします。(花が咲いても食べます)
ミョウガ薮の蔭に白く咲いているのはきれいです。写真がなかったので、今秋にでも。


右手の緑色が果実です。
初めて見ました。


日がたつと、先端が割れ始め、真っ赤な内側が見えます。


3つに大きく裂け、果実が見えます。赤い絨毯に白い玉が並んでいるようです。
半日陰に生えるのに、鮮やかなので驚きました。


種は白い皮をかぶっています。


皮を取りさると種子がでてくる。
この種子をすぐに蒔いておきました。

誰がこの種を運ぶのでしょうか???

ミョウガは、木の下生え、庭の隅、畑の隅に植えて栽培しています。
図鑑には、熱帯アジア原産で、古い時代に中国からの渡来した、栽培されるが自生もしている、とあります。
ミョウガは茗荷と書くが、漢名は蘘荷。(茗:茶。 それで、お茶屋さんの屋号に「茗」を見かけます)

 

ミョウガの芽生え  2017/05/17

『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ミョウガの芽生え | トップ | ホトトギス鳴く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。