日が沈む前に飲む酒はウマい

朝昼晩、時間を問わず飲んで喰って面白おかしく過ごす、そんな人生を歩みたいです。

皮までおいしい餃子専門店 八王子『餃子のパプア』

2017年07月08日 | 餃子
特にあてもなく、八王子南口の東側をプラプラ探索していたら、餃子屋さんを発見。
試しに入ってみたら、餃子はおいしいしメニューが豊富。「これはいい店だ」と、すぐに通うようになった。
お店の名前は『餃子のパプア』。確かに外観は南国(パプア?)風だが、内装はアメリカンという不思議な空間。
以前、店主は自身のことを「酋長」と名乗っていたが、最近はやめたみたい。
個人的には、酋長って懐かしく面白い響きだし、南国らしくて気に入ってたんだけど、
現在はTVでは使っちゃいけない言葉になったみたいだから、自重したのかな。

さて、そんな酋長…ではなく店主は、以前は餃子の皮を製造するメーカーに勤務していたそうで、
こちらのお店の餃子も、厳選した粉にスープを練り込んで作る皮が自慢のようだ。
お店の壁にも目立つように、「餃子は皮が命」という貼紙が!


ちなみに皮だけでなく、中の具材に使用する野菜や肉も、国産の良質なモノを選んでいるとか。
店内は、カウンターが4~5席で、テーブル席が5つほど。家族連れやカップルが大半で、私のようなひとり客は少ないかも。
着席して、アルコールを注文すると、まずはお通しが出てくる。


ゆでたモヤシにピリ辛の肉味噌とナッツを乗せたものだが、これがなかなかいいツマミになる。
ドリンクは、ビール、サワー類、ハイボールに日本酒、紹興酒とそろっており、お店自家製の果実酒もある。


果実酒はいくつか飲んでみたが…個人的には、餃子には合わない気がする(笑)
なお、17~19時までは、一部を除くドリンクの半額セールを実施している。これはお得だ!
とはいえ、18時55分頃に「ウーロンハイ3杯!」などと追加するのは、いい大人はやっちゃダメだよ。
わかったか、6月24日にカウンター席にいた客、お前のことだぞ………ハイ、すみません(←自分自身かよ)。

さて、メインの餃子は、種類が多く常時約20種類。しかも焼き、揚げ、水(茹で)と調理法も多彩。
とても全部は紹介しきれないが、これまでに撮りためた画像のいくつかを、以下で紹介していこう。
まずはこちら。羽根までパリッと焼けてて、いいビジュアルだが、見た目がほぼ一緒なので…


ハシで切って中身を公開。前も書いたが、どうも餃子の中身って、あまり見栄え良くないね。


左からピリ辛の「スパイシー餃子」、この店の基本の「餃子」、にんにく丸ごと入りの「にんにく餃子」だ。
次は、先日友人と行ったときの写真。右上から時計回りで「餃子」「カレー餃子」「しそ餃子」「エスM餃子」。


エスM餃子とは最近の新作で、ホール担当の店主の奥さんにムチで打たれたりするわけではなく、
下記の通り、エスニック・マサラのことらしい。パクチーが入っているので、私は食べてないが。
(C)餃子のパプア

ちなみに、上記も含めメニューには多くのイラストが使われているが、これらは店主夫妻の娘さんが描いたものらしい。
こういう、娘さんとかご家族が協力し合うのが、個人店のいいところだよね。

続いて、こちらはずいぶん前にガラケーで撮った「タコ焼き君」。


タコの入った焼き餃子に、ソースとマヨネーズと青海苔がかかってる。意外とウマかった。
こちらの手前は、鶏ガラスープに入った「スープ餃子」。


スープ餃子には肉野菜の他にカニ…は入ってなく、カニカマだった。
下記のは餃子ではなく、茹でたワンタンをごまダレで食べる「皿ワンタン」。


見た目はイマイチだけど、チュルっとした皮の口当たりはなかなか。
他にも、トムヤムクン、チーズトマト、パクチー、アボカドチーズ、さらには激辛の「デス餃子」などなど、
とにかくいろんな種類の餃子があり、さらに唐揚げやサラダなどの一品料理もあるので、飽きることはない。
餃子の値段は、5個380円~で、メニューによって4個だったり480円だったり差があるけど、どれもリーズナブル。
味については、自慢の皮の風味を大事にしているのか、中のアンはやや薄味かもしれないが、
各種調味料が卓上や厨房にそろっているし、女性など濃い味が苦手な方にはちょうどいいはず。
最近の餃子は肉汁があふれるような、濃厚な味付けが流行ってるが、私はここの餃子の方が好きだ
それに、店主夫妻の接客も、控えめかつ丁寧だし、たまに話しかけてくれたりするので、居心地がいい。
都内で増えている、肉汁ナンタラとかいう餃子屋は、店員がやかましくて苦手なんだよね。

最後に、デザートでよく頼む、「餃子アイス」280円を紹介。


揚げた餃子の皮でバニラアイスを挟み、塩を振ったもので、食後にサッパリしたい時に最適。
ただB級(Z級?)グルメマニアとしては、ぜひとも餃子味のアイスを食べてみたい。
これまで、多くのオリジナル餃子を生み出してきた、店主夫妻の新たなチャレンジに期待したい(笑)


餃子のパプア 東京都八王子市子安町1-8-18 
八王子駅南口から徒歩約4分 
営業時間 17~23時 22時半LO
定休日 水曜と年末年始
※ポイントカード、テイクアウトなどもあり
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今ごろになって、高校野球・... | トップ | 日大三が甲子園へ行くための課題 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2017-07-08 16:01:43
皮も美味しい餃子良いですね。
食べてみたいです。
皮の美味しい餃子ってなかなかないですよね(^-^)
みんなのブログからきました。
Unknown (日が沈む~(略))
2017-07-09 02:20:38
たにむらさん、
またまたコメントありがとうございます。
こんにちは (matteo)
2017-07-17 16:38:08
正田さん、こんにちはmatteoと申します。
昨年の夏頃阿佐ヶ谷のふみやでお会いした事があります。他の方のブログのリンクに正田さんのブログのリンクが貼らており、読み進めてゆくうちにどこかで聞いた話だと思い出した次第です。とても楽しかったです。また、昼酒倶楽部等近々お時間あれば飲みましょう。
Unknown (日が沈む~(略))
2017-07-17 22:32:41
matteoさん、こんばんは。

他の方のブログというのは、STINGさんのことですね。
私の拙い文を読んでいただいたようで、大変恐縮です。
以前『ふみ屋』でお会いしたとのことですが、
またお会いできたら幸いです。
その時は、一緒に楽しく飲みましょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

餃子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。