筑紫の国から『花つくし日記』

福岡から情報発信の山野草・庭の花などをテーマにしたブログです。
お花紹介は九州に咲く季節の花がメインですよ。

「坂の上の雲」が待ち遠しくて・・・・・

2010年12月17日 | 55.ちょっと一言

 近頃、日曜日の19:30が待ち遠しくてたまりません。
 理由は、NHKの「坂の上の雲」です。
 12月19日(日)は、第8回 「日露開戦」楽しみです。
 
 ドラマの冒頭に登場するナレーションを書き留めてみました。


まことに小さな国が 開花期を迎えようとしている。

四国は伊予松山に、3人の男がいた。

この古い城下町に生まれた秋山真之は、
日露戦争が起こるにあたって、
勝利は不可能に近いといわれた
バルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て、
それを実施した。

その兄の秋山好古は、日本の騎兵を育成し
史上最強の騎兵といわれる
コサック師団を破るという奇跡を遂げた。

もう一人は、俳句、短歌といった
日本の古い短詩型に新風を入れて
その中興の祖となった俳人・正岡子規である。

彼らは、明治という時代人の体質で
前をのみ見つめながら歩く。

上っていく坂の上の青い天に
もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、
それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。


 良いですね。私も雲のみを見つめて、坂を上っていきたいですよ。

 私のお勧めは、藤本隆宏さんが演じる広瀬武夫中佐(2枚目の写真の左側)です。このドラマの第二部では大きなウエートを占めています。広瀬中佐は、大分県の豊後竹田出身と言う事で筑紫の国(九州)ですから応援したくなっちゃいますよ。

 写真は、NHK文化センターのカタログを写したものです。
    貴方のポチが日記更新の励みです  

ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 植え残り | トップ | 「バラの植え残りの苗」を植... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (文屋)
2010-12-17 07:02:40
この気持ちよくわかります。わたしもこの冒頭の言葉を書き留めておきたいと思っていました。この文章を私のブログに転載してもいいでしょうか。
ありがとう (paty)
2010-12-17 09:07:28
私も今テレビでは一番楽しみにして見て居る
番組が「坂の上の雲」です。

今の若者にあの精神を伝えたいですね。
文屋さんへ (福岡シトリン)
2010-12-17 09:10:22
Okですよ。
素敵なブログですね (安人)
2010-12-17 11:18:14
安人です
素敵なブログ 私のブログにいれさせて下さい
宜しくお願い致します
はじめまして! (博多っ子)
2010-12-17 21:24:47
私は、坂の上の雲を見てから藤本隆宏さんのファンになってしまいました…今は寝ても覚めても藤本さんで頭も心もいっぱい♪。忘れかけてたときめきを呼び覚ましてくれた藤本隆宏さん演じる広瀬武夫から目が離せません!。
私も福岡市在住、藤本さんも福岡出身とのことで、親近感も倍増です。
男の本懐 (英世)
2010-12-17 21:57:43
男に生まれたからには誰でもあこがれますよね。
最も私は体格も能力も武人には不向き。せいぜい子規を慕って俳句でも詠むとしましょう。
Unknown (にっこ)
2010-12-17 23:10:56
このドラマ見たかったのに、見逃してしまいました…
ありがとうございます。 (いなかのおっちゃん)
2010-12-17 23:58:58
坂の上の雲に出てくる屋根付き橋、私の住む町のものです。

愛媛県内子町、自慢できる町です。

で、、ホントはというか、もっと感激する屋根付き橋があるんですよ。来られるときは、ぜひ、ご連絡ください。ご案内しますから。
メール
odakiyo0105@yahoo.co.jp
まで。

決して怪しいものではありませんから

なお、屋根付き橋は
http://syokuikunet.web.fc2.com/
を見てみてください。

いまでも使ってますが、よりおススメの所があります。道後温泉より感激ですよ。

田舎者ですからお接待、お節介好きですから、愛媛に来られるときはぜひぜひご連絡くださいませ。
はじめまして (マスオさん)
2010-12-18 07:48:09
おはようございます!

トラックバックから来てしまいました。
福岡の香りがするブログ、素敵です。
時々伺いますね。

「坂の上の雲」原作を15年ぶりに読み返してます。
こちらも良いですね。
司馬史観は必ずしも賛同しないのですが、この人の小説は文句なしに面白い。
でも、ドラマはそれに負けず面白いです。
明日も楽しみです。
楽しみ (上総)
2010-12-18 09:21:53
>もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、
それのみを見つめて、坂を上っていくであろう。
輝く一朶の白い雲に向かって坂を登りたい。

小生も毎週楽しみです。
坂の上の雲 (オヤジな私)
2010-12-18 09:22:30
TBありがとうございました。
お初にお目にかかります。
東京下町に棲息するオヤジです。

閉塞感の漲る時代です。
このドラマで意気軒昂・元気を取り戻す人が多いでしょうね。作者の意向もあったのでしょうが、ドラマ化されてよかったです。

今夜は、広瀬中佐、いや、藤本隆宏さんが主役です!

素敵なブログですね。
また伺います。
私も見ています (hinageshi)
2010-12-18 09:31:58
司馬遼太郎さんの小説を途中まで読みましたが最後まで読みきれていなくて、ドラマを楽しみに見ています。
見応えがありますね。
また小説を読み直しているところです。
軍神・広瀬 (コウジ)
2010-12-18 09:40:52
TBありがとうございました。

広瀬中佐は大分のご出身なんですか。
となると思い入れは十分ですよね。
今後は<軍神・広瀬>と後の世で言われる行為をするわけですが、どう描かれるか楽しみですね。
はじめまして (ken-uobe)
2010-12-18 19:07:54
インターネット・リテラシーはない方ですので
よく分かんないですが
我がブログのトラックバックの項目を
クリックするとこのブログに到達しました。
コメントさん達が真摯な対応で
このブログのファンになりました。
3年目に入ったサイゴンでの生活
感動をブログしています。
ブロガーさんコメンテナーさん
大歓迎です。サイゴンにいらっしゃい
わがブログにいらっしゃーーい。
小生は四国伊予の松山出身
坂の上の雲はたまりません!!
よろしくお付き合いのほどを
はじめまして (ヒジハラ)
2010-12-19 17:59:27
TBありがとうございました。
広瀬武夫がブログの中心のひとつですのに、広瀬関連では初めてのTBでした(笑)
第二部で早くも亡くなってしまうのが残念ですね。
はじめまして (北岡)
2010-12-19 18:11:17
トラックバックありがとうございました。
こちらからもトラックバックさせて頂きますね。
今晩の「坂の上の雲」も楽しみですね。
次週はとうとう広瀬さんが…(泣)
24日のスタジオパークでは広瀬さん役の藤本さんがゲスト出演されるのでそちらも要チェックです(^^)
坂の上の雲 (風n)
2010-12-19 22:38:04
今晩は。
TBから伺いました、以前にも伺ったのですね
ご無沙汰しております

私も毎週楽しみにしております。
雲の上から今の世情を司馬遼太郎氏はどの様に描くのでしょうか。
はじめまして (画楽多製作日記)
2010-12-20 11:32:07
TBから訪問させていただいています。こちら信州在です。時間のズレがあってなかなか見れません。どこかでチャンスをつかみたいと思います。
ありがとうございます。 (shui)
2010-12-24 00:46:28
トラックバックして頂きました。

坂の上の雲、観ています。

主人公たちとの故郷と自分の故郷はご近所でしたが、
ドラマを観るまで内容はあまり知りませんでした。

観ていて、
ナレーションの渡辺謙さんが言う、
楽天主義(オプティミズム)には、
こういう面があるのかと、
とても興味深いものを得ます。

個人的な想いでは、
決して単純な解釈ができるドラマになってほしくないです。

近日会った学友とは、ほんとに君は楽天主義だな と言われたこともあったので。

去年のシリーズは、とくに好きでした。
明治の時代の”色”は、
いままで白黒でしかほとんど見ることができなかったので、
視覚で直観的に理解できて、
そういう感覚・価値観だったのだろうか と、
ふと考えることができるようになったので、
今回のTB、とても感謝しています。
今頃になってお礼 (さくらら)
2011-02-05 14:48:29
シトリンさま

先日は(昨年になっちゃいました^^;)トラックバックありがとうございました。
自分のブログにそんなにトラックバックこないので、記事への反映とかに手間取ってお返事すら書いてないことに今頃気づきました。_(._.)_

私、どうやら昨年放送の始め(第5回?)見逃してしまったよう。
来年も再放送してくれるでしょうか。
年末まで待つの長い。(-_-;)

たくさんのお花の写真素敵です。

この頃は教室関連の記事ばっかりですが、
時々は植物もブログに載せます。写真撮りにいつも苦戦。…

うちの庭はまだ一面銀世界。
こちらのブログでお花を見てなごませていただきます。
故郷の英雄 (風に吹かれてオッサン)
2011-03-22 09:27:44
 秋山兄弟はわが故郷の武人です。最も日本が輝こうとする時代に登場した貴重な人材。心から誇りに思います。故郷を愛する心こそ愛国心を育むものと思います。
   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スペシャルドラマ「坂の上の雲」第7回 (日々“是”精進!)
第七回「子規、逝く」明治35年、海軍大学校の教官をする真之のもとを訪れた高橋是清と八代六郎は、真之を華族女学校の活人画の会場へ連れ出す。真之はそこで、稲生季子に出会う。...
スペシャルドラマ「坂の上の雲」第6回 (日々“是”精進!)
第六回「日英同盟」1900(明治33)年、真之は広瀬武夫と、イギリス・ポーツマス港で日本への回航を待つ戦艦「朝日」を見学した。ロシア駐在武官の広瀬はヨーロッパ視察中で、...
スペシャルドラマ『坂の上の雲』第2部第6... (レベル999のマニアな講義)
第2部第6回『日英同盟』内容1900年。イギリスのポーツマス。イギリス駐在の秋山真之(本木雅弘)は、ロシア駐在武官の広瀬武夫(藤本隆宏)とイギリスで完成したばかりの戦艦...
スペシャルドラマ「坂の上の雲」第二部「日... (徒然”腐”日記)
始まりました~~「坂の上の雲」第二部6話「日英同盟」キャストあらすじなどは公式HPへ日英同盟っていうと教科書的な事しか知らんのですがロシアの勢力に対抗するために英国が”...
『坂の上の雲』 第六回 (義風捫虱堂)
凸(`Д´メ)ネタバレだぞ。 外交とは騙しあいではたりない。 相互リンク者以外はこちらから先のTBは控える
坂の上の雲 「子規、逝く」 (平成エンタメ研究所)
★病床六尺。小さな床の中で闘っていた子規(香川照之)。  真之(本木雅弘)は大きな世界で闘っていたが、子規のような闘い方もある。  「わしは死なんぞ。痛い、痛いと畳の上をのたうちまわっても俳句を作る」  あっぱれ!!  子規は見事に生き切っ...
昔は若い (ばもくんの独り言)
はいはーい、みなさんこんばんわ。 龍馬伝でもこの坂の上の雲でもそう。 時代を動かす人達は、みな若かったね。 30にもなれば、少佐になってたり、国の行き末を担っていたり・・・ 戦争が盛んな事を除けば、素晴らしい世の中だった気がす...
坂の上の雲 第6話 日英同盟 (シフォンなキモチ)
1年ぶりに坂の上の雲が帰ってきました! 相変わらず、金かけてるな~と思わせるロケの数々ですw 今日は、日英同盟が成立するまで。どちらかというと、広瀬が主役でしたね。重要な役どころですし! 日露戦争へと突き進んでいかざるを得ない状況がよく描かれていました。 ...
『坂の上の雲』第7話「子規、逝く」 (strの気になるドラマ 気になるコト)
前のみを見つめてあるく。明治三十五年七月。海軍大学校が設立。真之は初代教官に任じられた。八代六郎大佐もいる。兵棋練習。作戦の演習。それぞれが重責を担い模擬戦。冷静な判断...
坂の上の雲・第2部 (ログレスにて~ひみつきち~)
「坂の上の雲」第2部、始まりましたねー! どうして子規のエピソードは何気ない場面でもうっすら涙ぐんでしまうのか。香川照之氏迫真の演技過ぎる、横顔なんか写真で見た子規本人の顔とそっくりで切なくなります。次回亡くなってしまわれるようなので号泣必死...
大分に行ってきましたin10月 (Forth!)
いきなりですがブログペット、今月15日でサービス停止なんですね。亀のツァーリ君ですが、3年くらい貼り付けてたんのかな?さびしいな~(;;で、さっき久々に解析画面を見ていたんですが、……爆笑しました。
「坂の上の雲 第七回 子規、逝く」 (日々の書付)
 坂の上の雲第七話。今回は真之さんの縁談が持ち上がります。見合いのセッティングにまったく気づかない真之さん。(^^;)前回が重苦しい政治ドラマだったので、今回はやさしいシーンが多くてほっとします。 兄の好古さんは清国駐屯軍司令官に就任。貧しく雑...
坂の上の雲…日露開戦 (泉☆日誌)
見ました。日露戦争… ギリギリまで…悩みに悩んだ 当日の日本は大国相手に負けも覚悟…? 秋山好古が弟に宛てたメモ…『一家全滅すもうらみなし』 …国の存亡がかかるってたから…みんな必死だったー 昔の人はすごい(今は...