年長組奮闘紀行

後期高齢者の人生年長組員が勝手気ままに綴るほろほろ日誌

黄色の御衣黄桜が満開

2017年04月20日 | 多摩ニュータウン点描

ソメイヨシノが散った多摩市の鶴牧第2公園で1本だけある御衣黄(ぎょいこう)桜が満開になった。花事典によると、御衣黄の名前は花の色が高貴な貴族の衣裳の萌黄色(もえぎいろ)に近いところから名付けられたという。膨らんだ蕾(つぼみ)がはじけて最初は黄緑色の花びらが広がるが、間もなく黄色に変わる。最後は中心部が筋状に赤く染まるなど七変化しながら楽しませてくれる。

花は八重桜のように幾重にも盛り上がり、木枝に絡みつくように咲き乱れる。ピンク色の桜と違って、黄緑の桜もまた魅力的で美しい。造園当初は近くに何本かあったと言われているが、今はソメイヨシノと八重桜に囲まれたこの1本しか残っていない。

 御衣黄桜が満開(写真集)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ハナモモが咲きそろった | トップ | 母親にあこがれている »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。