梓想庵 あずさ丸日記

梓想庵のあずさ丸が、脱力しながら、つづる日々。

謎の『メール届かなき問題』

2017年04月14日 20時14分50秒 | たわごと

あぁ・・・。 もう「独立開業起業」カテゴリーで、ギラギラたちと張り合うの、しんどくなってきた。


いや。そもそも、その土俵にすら乗ってないですから。



どうせ、びんぼっちゃまですよー。ふーんだ。




こんばんは、今日もかわいい、あずさ丸じゃ。ケロっ



拙者、今日は意を決して、梓想庵の店の周りに「ナメクジホイホイ」的な殺虫剤をまきちらしてきたのじゃ。


これで、今夜中に梓想庵在住のナメちゃんたちは、あの世へ送り届けられるのじゃ。   



そして、ホイホイにまんまとおびき出された、死に際のナメちゃんたちを見て、

通りすがりの人が夜な夜な悲鳴をあげるに違いない・・・。







拙者が、ナメちゃん嫌いでさえなければね。





そんな、ナメちゃんを駆逐しなくてもいいんじゃろうがな。






しょうがないよぅ、あずさ丸ぅ。女性のお客さんに快適に過ごしてもらうためにも。ナメちゃんたちは、シルスマリアの壁は超えちゃいけないんだよ。





はぁ・・・・店主、それは「進撃の巨人」の見すぎではないでしょうかの。





それに、シルスマリアは、チョコの店でござんすよ。









さて。




こんな鎌倉ですが、最近は桜がとても綺麗。

 鎌倉山



SNS映えしそうな写真もとれるのじゃ。

 鎌倉市の隣の藤沢市の公園



や。鎌倉の宣伝してください。



あ、SNS映えといえば、鎌倉にこんな武士体験スポットがあるそうじゃよ。






あ、うちでした。



いやらしいわ。




この春に販売された、Tokyo walkerの雑誌にて、梓想庵の武士体験処が紹介されておるのじゃ。


じゃが、いくら武士体験処「梓想庵」に電話してもホームページを見ても、現時点で予約可能な日がないというシビアな状態。



それは、人気だからですか



いやいやいや。



武士体験処として営業する気力がないだけでやんすよ。



いやいやいや。



一応、月2、3日は営業してますから。(もはや論外だな






そうそう。拙者の最近の驚いたことと言えばじゃな。



しばらく前から、時々、刀剣販売「むしゃ処」のお客さまから、

  『メール届かなき問題』  という、

ちょっと謎で恐怖の件名の問い合わせメールがきててじゃな。



この件名のメールが届くたびに、梓想庵スタッフたちは、

「と、鳥肌たったー。」 「こ、こわいねー。」
                           

と、騒いでおったのじゃ。


「なんでだろー。」 「月曜から夜更かしの影響かな?」





でも、ある日。


梓想庵の女性スタッフが、ハッとして。



「私でやんしたー!」と叫んでバンジー   




実はのぅ・・・・。


この女性スタッフが、どういうセンスか『メール届かなき問題』という件名に、お客さんからのメールが自動でなるよう設定していたのじゃと。



にも、かかわらず・・・・・お客さまを疑いにかかるという・・・

「と、鳥肌たったー。」 「こ、こわいねー。」

我ら、梓想庵の愚かものたちよ。





「ヤバいヤバい。」 「これ笑えないパタンだよ。」






 ・・・・まぁ、いろいろありましたが。


今日も明日もこれからも。


たぶんまた疑いながら、真心こめて、刀をご用意させていただきますのじゃ。




いやいやいや。



まず、自分を疑いなさいよ。





なんすか。なんなんすか。反抗期


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世間の皆さんは土曜日お休みで憎らしい限りでございますわ。オホほほっほ

2017年04月08日 09時55分01秒 | 武士体験

雨ですなぁ・・・。(←さっそくやる気ない)


そう、鎌倉は雨なんですぜぇ。



今日は月に3日だけの、体験日のうちの1日なのに。


あめ~さんさんと~♪




さてさて。 最近、Yahoo!検索の「梓想庵」関連キーワードで、

「梓想庵 募集」とよく出てくるのですが、


これは、何を思われて検索されているんじゃろうかと。



うちで働きたいと思ってくださる優しい天使のような方が、スーパー着付け師・紅葉さんの他にもいらっしゃるのかと。


あるいは、梓想庵がすでに潰れたことを見越して、空き物件としてのテナント募集を狙っているのかと。



大丈夫。まだ潰れない。 たぶん。


ちょうど就活の時期ですからね


新卒採用される大手企業さんたちはこぞって、若いピチピチの人材に募集をかけるでしょうが、ピチ、ピチレモン(古い)



うちみたいな小さな小さな(もはやおとぎ話みたいな)、お店はそんな純粋無垢な人材、もったいなくていただけないでござりますよ。


えぇ。もう、「え、まかない?庭の草たべて我慢してよ。」     くーん。


ていうようなパワハラの日々ですからな。 あずさ丸だけ毎度こんな扱いですよ。



「梓想庵」では、今、月3回の武士体験以外に、模造刀のネット販売や弓具のネット販売もやっておりますからね。

あと、2年くらいしたら、各部門にもっと固定の助っ人をお願いできるようになればいいのですがな。



まぁー、なんせ小さいひもじい店なんで。食べ物はねぇかぁー 気長に見守っていってくだされ。



こんな小さい店の「梓想庵」ではござりますが、きたるその日がきましたら、

是非一緒に、楽しく働きましょうぞ。ワッショイ




あ、そういえば、拙者、店主に言われたことがありましてのぅ。

先日のブログで、『梓想庵、開業5年目』と書いておりましたが、その後、店主に訂正されてましてな、『開業6年目』だそうですぞ。

5周年の6年目。 

んな情報、どうでもいい!ですよね~(←営業の人風に)




そんな6年目を迎えた、梓想庵でござりまするが。


ついに、あれをする日が来ましたのじゃ・・・・


さえない「個人事業」から、輝かしい「株式会社」への昇格




んー。 じゃなくてー。



外に放置して、長いこと見ないことにしてた洗濯機の撤去(←だいぶ、格が下がった)




そう。恐るべきことに、梓想庵には、この見ないようにしてたものシリーズがたくさんあるんですな。


まずは、この武士体験にきたお客さんから見える位置にある、恐怖の洗濯機。

 ※かれこれ外に6年放置されています。


梓想庵が、今いる長谷エリアに移転する前の、北鎌倉にいた頃よりお世話になっていた(そのときすでに外にあった)、洗濯機くん。


実は、この洗濯機くんは、我らが梓想庵の店主が、20歳のとき、ふぐ大国より上京してきた頃に買ったとかで・・・・もう何年目かのぅ。おっかぁ、オラ、東京さいくでぇ。←ピチピチ店主レモン



そんな洗濯機くんの周りには、ナメちゃんがキラキラしながら歩き回ったあとがたくさんあったりして…。 きゃー




その洗濯機と、ついに先日、おさらばしました ナメともども、リサイクルされてね


そして、長いこと、外に放置していた、よしず(※すだれの長い版)の束とも、ついに今週・・・・おさらばですのじゃへっへっへっ(←いや何も偉ぶれないよ
 



あー。すみません。


うちの、ゴミ事情なんか話して。




最近の梓想庵は、晴れていると、緑が芽吹いて、とても綺麗なのじゃ。

 庭から切通しへの道 美味しそう。


緑っていうのは、実に美しいのぅ

 切通しへの道 美味しそう。




そして、最近の強風で、梓想庵の看板が常に、庭につっぷしている状態じゃ。

 

上にとまらせている鳥さん(人形)が、完全に地面に刺さってる…。


この看板、起こしても起こしても、ちょっとそっとの風でパタッってなるので


まるで、梓想庵そのもののようじゃ  こう見えてセンシティブ。




まぁ、逆風に耐えるどころか、地面に刺さりながら、これからも頑張りまするよっしゃよっしゃ


・・・・まぁ、頑張るも何も、さっそく今日の武士体験は・・・・雨だけどね。




そう、鎌倉は雨なんですぜぇ。(←やる気なさが戻ってきた)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足利に出店したその結果はいかに。たこに。するめに。

2017年04月04日 22時35分12秒 | 刀剣販売

ふぉっフォッフォ。


フォッサマグナ。(だから、なんだ)



こんばんは、今日もアホ毛がかわいいあずさ丸じゃ。





先週末の土曜日の足利出張・・・・どうなりましたかとな


ほぅ。さてはお主

拙者の店に閑古鳥が鳴いてピーヒョロロ、拙者がもだえ苦しんでいるのを期待しているのじゃろぅ。



ふぉっフォッフォ。


フォッサマグナ。(だから、なんだPart.2)




確かに、拙者、足利への出店以降の日曜・月曜と、死んだようにゴロゴロしておったぞょ。(や、働け。


 「あり、今日なん曜日だっけ、ありり?」



そう。普段、PC作業で、菩薩のような無表情(どこが)(※心では微笑みながら)で、「有難うございます」とメールを返しているので、

面と向かっての接客に、疲労コンパーい イエィ、コンパーい♪(ちがうよ)



げっそり



いやいや。武士体験処で、接客してるでしょ。


「あり、、ありり?」




そう・・・つまり、接客に疲れたってことは?




お客さん、いっぱい来たー





お客さん、階段、389段登ってきたー!




「か、かたな、くだしゃい!
 (←足ガクガク)(かわいいお客さん




いやー。本当にですね、拙者、お客様方の、その清い心に感動致しましたよ。


そう、なんたって、その刀を目的に、

はるばる栃木県・足利市まで旅行するような、純粋で一途なの女性方々ですから、


あんなに険しい山の上でも、来てくださったんですねっ。(←今更、”険しさ”を暴露してる。





息をきらしながら、「これ下さいっ!」て、ちょっと恥じらいながら言うの女性のお客様の姿が、

まぁ、なんとかわいらしく、いじらしいこと。(古文か



若干、バタついてはおりましたが、貰い手の現れた刀たちを、心こめて箱に納めさせていただきました。


「よし。大切にしてもらうんだぞ。」
 


「よきかな、よきかな。」
 



・・・・本当に、正直、もう土曜日は誰も来ないんじゃないかと思っておったでござるよ。

「もう誰も来ないよ―。また来週も庭の草たべる生活だよー。」
    



でも、拙者が前日の夜に泣きながら書いたtwitterや、このくだらない「あずさ丸日記」を読んでくれた方が大勢いて


しかも、それをリツィートしてくれたり、周りに知らせてくれたりしてくれたみたいで、「やべぇよ。」



おかげさまで、ひっきりなしに、お客様がいらしてくださったのじゃ ほんとうにありがとうございまする。



どーしよー(絶望中) わぉ。いっぱいくるねぇ、あずさ丸。by他人事店主   




なんたって、前日に至っては、

織姫公園の下にある、織姫神社のおみくじ(出店先恒例)で、小吉と出ましたのじゃ。

 ※そもそも小銭が入らない

しかも、商売に関しては、損アリとのこと。アチャー



もう震えながら、金曜の夜を越しましたのじゃ。がくがくブルブル



でも、結果的に、盛況におわって、本当に良かったですのじゃちゃんちゃん♪



なかには、ひもじい拙者を気遣って、

足利でおいしいと評判の芋羊羹(しかも、出来立てホヤホヤのやつ)も差し入れてくださる、

神のようなお客様もいらして…いや、あれは刀の妖精さんだったに違いない…



なーんて、優しいんでしょうぞ




拙者、学生時代アルバイトをしていたころから、馬ながら色々な仕事をしてきましたが、

こんなに、いい仕事はなかったでござるよ。ぐすん


こんなにお客様の喜びを感じられる仕事だなんて、・・・知らなかったでござるよ。ぐすんPart.2



まったくもって、いい仕事でござるよ。


まぁ、ひもじい暮らしは変わらないけどね。(や、働けって。





そんなこんなで、体力的には疲れましたが、げっそり

心は、たっぷり、優しさと希望に満たされた、足利出店でござりました。




・・・日曜・月曜と、充電しきった今、(脱力中)


・・・・あずさ丸、稼働しますのじゃ ウィーン。(←やる気なし)





感謝の気持ち、伝わりましたでござろうか


あのきつい階段を上って、はるばる店までお越しくださった神様!(もはや神)


そして、足利に行かずとも、リツィートなどして情報を広めてくださった神様!


本当にありがとうございました




これで、またゴロゴロできそうじゃ。



こらこらこらこら。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

足利で出店しますのじゃ。(誰も知らない織姫公園レストハウスへの道)

2017年03月31日 20時25分53秒 | 刀剣販売


今回は、まじめじゃよ。


明日、4月1日(土)に、栃木県・足利市で出店する、

刀剣販売処「むしゃ処」の詳細について、ご案内いたしますのじゃ。(エイプリルフールだからって嘘じゃないよ。)
 東京から車で90分、THE足利市。


場所は、織姫神社そば(徒歩3分くらい)(※ここ大事の、織姫公園のレストハウスじゃ。


はいーそこ、「それどこ?」なんて言わない。


この謎のレストハウスへの行き方についての詳細は、このブログの下の方をご参照くだされ↓。(←自分で言ってる)



ちなみに、ご用意している刀は、「山姥切国広」はもちろんのこと、

人気刀の「加州清光」「大和守安定」、伊達組の「燭台切光忠」「大倶利伽羅」。

そして、「圧切長谷部」「薬研藤四郎」「堀川国広」じゃ。(干支か?)



いずれも数量限定で販売するので、あらかじめご了承くだされ。

※営業時間は、午前10時~午後5時を予定(ただし、早めに終了の可能性あり)


しかも、明日買うとこんなメリットが!!!

① 通常2週間待ちのところ、店頭持ち帰りが可能。あの日のイベントにも間に合う♪
② ご購入の方、先着10名様まで、「模造刀お手入れセット(864円)」をプレゼントします!


もし、旅先だし重いの持って帰れないという方も、安心してくだれ

全国発送いたしまする!(しかも通常より早めの発送可




では、織姫公園レストハウスへの行き方をご紹介いたしまする。



(※織姫公園レストハウスには、無料駐車場もございますので、
お車の方は、是非お車でお越しをご検討くださいませ。)


 女子の足腰に優しい


え?なぜ車を勧めるんだって?それは、下記を見れば・・・・



では、徒歩組の方々・・・・

まずは、織姫神社にいきますのじゃ!!!

 どーん


ちなみに、足利市立美術館や、足利学校からは、少々遠目なので、車もしくは、バスやタクシーが宜しいかのぅ。   遠っ!



織姫神社に着いたら、まずは数段登ったところにある、正面左手の看板をご確認くだされ。(※ここ以外に地図がござらぬ

 大事な情報じゃ



この赤丸で書かれた場所が、織姫公園レストハウスでござりまする。

 織姫神社の上


いよいよ、階段を上りますのじゃ (その数、なんと229段!)



ヒールの女子は、ここは潔く裸足ダッシュで駆けあがりましょう・・・(いや)



ついに階段を登りきると、本殿が見えましたのじゃー (ただし、修復中)

 きれーい


おや、レストハウスはどこへ? 本殿をお参りしたら、右手へ進みましょうぞ♪

 こっち


右手の駐車場へ入る手前に、左手に「もみじ谷(こっち」」みたいな看板がござるので、

 こっち

この階段を登れば、あなたをお待ちしている刀たちは、もうすぐそこでござりまする!!!

  愛のためなら・・・千里万里も・・・


その数、なんと160段!!! 

(←興奮しすぎてブレてる)


え?160段?・・・・



大丈夫!!さっきの229段に比べれば、

こんなもん楽勝でしょう。
はーっはっは!!!




階段を上ると、いったん小さなお社が正面に見えますので、こちらにお参りしましたら、

お社の左手の階段を登れば、頂上に到着 もう階段はありません(笑)

 やったー



ほら。なんて素敵な眺めなんでしょう。

 絶景かな絶景かな


こんな高台から、美術館の「山姥切国広」を眺めながら(どうやって

この絶景を前に、思いふけってくださいませ。

「山姥ちゃん・・・


(←見知らぬ銅像)(※背中が哀愁に満ちています)


ちなみに、帰りの階段は、登りよりも精神的に楽なので、安心してくださいね。(足ガクガクぷるぷるしながら)


それに、もし刀をもって帰るのがつらくなったら、階段横の排水溝を使って、刀の箱を滑らせてみましょう。(こら。




でも、体力が心配な方は、やっぱりレストハウスのお食事処でお茶しましょうぞ♪元気100%

 女子向けでお洒落



あのー、ちなみに、明日、あまりどなたもいらっしゃらないようでございましたら・・・、

早めに撤退する可能性がございますので(弱気)、何かありましたらツイッターとかで訴えてください(笑)






それでは、明日、近所の散歩できたお爺さんとかしか「話相手になってたもれ」、いらっしゃらないかもしれませんが、

のんびりとレストハウスでお待ち申し上げまする。







ほら、さくらがきれいだよー(←必死の呼び込み)











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梓想庵、開業5年目を迎えましたのじゃ。

2017年03月30日 21時51分38秒 | たわごと

おぅ。4月6日(木)の朝、ブログが見れなくなるみたいでござるよ。


あ、ついに、梓想庵が閉店するわけではござらぬぞ。フォフォフォ


ブログを運営する会社のメンテナンスだそうじゃ・・・、なので、もし消えててもご安心くだされ。




しぶとく・・・・あ、しぶとく生きて参りまするぅ~(歌舞伎風に)





そうこうくだらないことをしている間に、


梓想庵、無事に開業5年目を迎えましたのじゃ。(誰も拍手してくれないから、自分で拍手)



やった!やったのじゃ!


拙者、5歳になったのじゃ!(※あずさ丸は、開業と同時に生まれたという神話がございます)




誰も拍手してくれないなんて書いたのじゃが、

開業日に、毎年、素敵なお花を送ってくれる鎌倉のよき方がおわしますのじゃ や、やさしい~



鎌倉市からの支援金が尽きて庭の草に手をつけた、開業1年目の3月19日も・・・草を…草をくれ~

家賃が払えなくなって北鎌倉から今の長谷まで夜逃げしてきた、開業2年目の3月19日も・・・徹夜んダッシュ!

食料がつきて、共食いをはじめた開業3年目の3月19日も・・・ガルルルゥ

庭に小鳥さんたちが来るのを狙って、焼き鳥をし始めた開業4年目の3月19日も・・・この庭には殺気を感じるっピ!



や。何も知らずにこれ読んだお客さん、恐怖を感じるでしょ。



そして、5年目の今・・・・。

店主が「体モノマネ」を披露してきて、拙者をはじめ梓想庵のスタッフは毎日パワハラを受けてる気分じゃ。げっそり

 「あずさ丸、”体モノマネ”知らないの?え、今すぐ検索してみてよ。」



いや。働け。



そんなわけで、拙者、あずさ丸、いろいろありますが、無事5歳になりましたのじゃ七五三だ


開業5年目になりまして、これからの梓想庵の目標はどうするのじゃ?と店主に聞いてみまいた。

「そー、そうだねー。」「パ、パーティかな?」


いや。働け。


パ、パーティー・・・・



まさかのぱ、ぱーてぃー(壊)




まぁ、財力的に、お客さん招待しても食べさせるものがないので、庭の草パーティですね。


「まぁ、お口にあうか分かりませんが、うちの庭の草でも食べてってくださいよ。」  「え、草っていったよね?」「うん…。」
                                     



「なんなら、鳥さばきましょうか。」      ピー!(叫)         「鳥だって!」「いいねー」「ビバ焼き鳥。」
                                  





はい。失礼しました。




5年目はじゃな。


弓具販売処「弦月」の知名度があがってほしいのと、 知ってるー

刀剣販売「むしゃ処」でさらにかっこいい刀を揃えたいのと、キテマスネーこの刀

武士体験処「梓想庵」で、新装束を5着くらい出したいのと、ケッコーなバリエーションですな。


あと、新しい仲間を見つけたいのじゃ。ナカマ

な・か・ま



いっこうに、仲間増えないなぁ…





でも、我ら梓想庵には、スーパー着付けウーマン紅葉さんがいるから心強いのじゃ。

「なかーまね、なかーま。」 「何か御用ですか。」どーん



そして、拙者、あずさ丸が、美形の馬キャラだと人気になって、写真集が出たらいいなぁー。



いや。働け。




どうぞ、どうぞ。 未だに、「梓想庵(しそうあん)」と打って、

予測変換で、「死相…」や「歯槽(膿漏)…」が出てくる、「梓想庵(しそうあん)」でござりますが、

5年目も、死相を出しつつ歯槽膿漏にならないよう、しぶとく清潔にやってまいりますので、


あなた様に、気長に見守っていただければ幸いでござりまする。

 がんばルンバ。               「やだ、あの人、死相出てる。」「え、歯槽膿漏?」            
                             


コメント
この記事をはてなブックマークに追加