地方で考える ●oyajiの侃々諤々

北信濃の豊かな自然と歴史に抱かれて過ごす日々・・・

ちょっと斜に構えてみれば
???と思うことも多いですね~

義父の散歩は「トットちゃん広場」

2017-04-19 | Weblog

4月19日(水)                       16/8 ℃

 

桜も花桃も咲いて畑の周りは、花、花のオンパレード・・・・

昨日は草取りに精を出しました

いい陽気です

 

松川村・安曇野ちひろ公園の「トットちゃん広場」・・・

http://www.chihiro.jp/totto/park.html

先日、「義父の散歩」で足を伸ばしました

散歩にあわせて、広場内に置かれた電車の活用ぶりを見たかったからです

電車は長野電鉄の旧車両、モハ604(昭和2年:1927年製)とデハ二201(大正15年:1926年製)

いずれも小布施駅で展示後、旧信濃川田駅に保管されていたたものを松川村まで搬送しています

 

 (旧信濃川田駅から搬出されるデハ二)

「トットちゃん広場」のHPによればモハとデハニの意味は ↓

 

電車の車体に書かれている記号。
1文字目は車両の種類、2文字目は車両の等級、3文字目は車両の設備を表しています。

「モ」...モーターのある車両。私鉄では「デ」という場合もある。
「ハ」...一番いい列車から イ、ロ、ハ ...で、「ハ」は三等車(普通車)。

「ニ」...荷物車。

 

そうなんだ~

わかりました

一部が荷物室になっていたのがデハ二201ですね

確か、jiiji も昭和40年代に河東線で乗ってます

あの頃は押し込むほどの満員でした

今は河東線(その後屋代線に改名)も廃線になり、線路敷は遊歩道・自転車専用道に変わります

 

旧信濃川田駅には、長野電鉄のオリジナル車両の2000系電車(マルーン色のA編成)が "鎮座" しています

駅舎も含めて “メモリアルパーク” にと地元は要望していますが、まだ具体的な計画にはつながっていません

塗装が剥げてきています

「トットちゃん広場」のようになればいいんですがね~

ヤル気と予算が必要です

それにアイデァも・・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残念ながら、核兵器保有国と... | トップ | 「ふるさとの山に向かひて 言... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事