地方で考える ●oyajiの侃々諤々

北信濃の豊かな自然と歴史に抱かれて過ごす日々・・・

ちょっと斜に構えてみれば
???と思うことも多いですね~

「義父の散歩」

2017-06-18 | Weblog

6月18(日)                       26/17 ℃

 

先週の「義父の散歩」は塩尻の高ボッチ高原・・・

http://www.city.shiojiri.lg.jp/kanko/takabocchi.html

jiiji も女房殿も、初めての場所でした

Pから10分程歩くと標高1665mの高ボッチ山・・・

そこからは360度の眺望です

すり鉢状に見える諏訪湖一帯

遠望にかすかに浮かぶ富士山

雪を残すアルプスの山々

すばらしい景観です

レンゲツツジはもう一歩・・・の咲き具合でした

信州には高原が数多ありますが、国道20号から車で20分くらいで行ける高ボッチ高原は、お勧めですね

(道は狭い!)

 (赤矢印が諏訪湖一帯。黄矢印が富士山が見える方向・・・・)

 

義父、最近は食欲もでて元気に見えます

施設の皆さんの温かいケアのおかげですね

感謝しています

加えて、週1回の「義父の散歩」・・・

始めてから1年半が過ぎました

ベッドに寝たきりではなく、外の “空気” に触れるのもいいんでしょう

娘2人が連れ添って、もっぱらjiiji は運転役

目的地では短時間ながら車椅子で散策・・・

まぁ

義父にかこつけた、われらの散歩でもあります

おかげで中信地域の見聞が広まりました ( ´∀` )

 

昨日は4人目の孫、〇〇君の「誕生祝い」・・・

“一杯” ある機会には路線バスです

知り合いのご夫婦とも一緒になりました

この地区・・・

電車が廃線になり、路線バスが唯一の、貴重な公共交通となっています

 “乗って残そう!” が地区のキャッチフレーズです

 

周辺部の路線バスには、「料金が高い」「本数が少ない」「最終便が早い」などの不満も伴うのですが、「料金がわかりにくい」「小銭の用意が面倒」についてはICカード導入で大変便利になりました

気軽に路線バスを利用できます

そのICカードを知ってもらうために、利用のキッカケをつくるために、地区協議会がICカードの購入を働きかけました

3000円のICカード(初期の預り金500円含む)購入を半額補助

450枚近く売れたそうです

通学定期券購入にも10%の補助金を出しています

原資は、地区協議会予算のやりくり・・・

地区を走る路線バスを残すためには、行政やバス会社ばかりでなく住民自身も努力しなくちゃね

バスを利用した、小グループでの「大人の遠足」も提案してみたいと思っています

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6・15 | トップ | 「あれ何だ?」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む