地方で考える ●oyajiの侃々諤々

北信濃の豊かな自然と歴史に抱かれて過ごす日々・・・

ちょっと斜に構えてみれば
???と思うことも多いですね~

「本音政治」が勢いをみせる気がします

2016-11-12 | この「国」のこと

11月12日(土)               →            14

 

昨日の “義父の散歩” は、大番狂わせ   

松本の空は晴れていました

やっぱり「じいちゃんは晴れ男」です

 

夜遅く、東京の孫たちが到着・・・・

13日にこの「地区」でおこなわれるマラソンの、「ファミリーコース」に出場するためです

わが家まで高速道で3時間・・・

娘の場合は「嫁姑」の問題はありませんからお互い、行ったり、来たり

高速道や新幹線が240kmの距離を埋めてくれます

 

『ファミリーヒストリー』・・・

平岳大さん(父は平幹二朗さん)と斉藤由貴さんの2本を続けて観ました

jiiji はいつも涙でグッショリ・・・

誰にもそれぞれ先祖の歴史があるわけですが、3代遡ればそれは朧げ

番組スタッフの調査力と “泣かせる編集力” に感心しています

まぁ、そんなことはあり得ないんですが、仮に、わが家をとりあげるとしたらどこがポイント?  

絵になるものは何もない、ごく平凡な歴史です


 

アメリカ大統領選挙の波紋・・・

これからですね

「トランプ氏はオセロゲームのように、オバマ氏の肝いり政策「レガシー(遺産)」をひっくり返していく考えだ」 1111日朝日新聞デジタル)

 

《オバマケア・移民政策… 「遺産」もトランプ色に?》   (1111日朝日新聞デジタル)

「・・・トランプ氏は連邦議会に移動すると、共和党のライアン下院議長らと会談。トランプ氏は「非常に細部にわたった協議ができた。医療保険をより手頃で良質なものにする」と強調。直前まで「偉大な業績」と表現していたオバマ氏の政策のなかでも、目玉であるオバマケアを見直す考えを表明したのだ」

 

オバマケア(医療保険制度改革)や移民政策ばかりではありません

                   オバマ         トランプ

◆TPP               承認           離脱

◆パリ協定(温暖化対策)    発効           離脱

◆税制                富裕層増税          減税

◆金融規制法強化        成立           廃止

・・と主要な政策での方向はことごとく真逆です

 

自民党から民進党に変わる以上の劇変ですね

気になるのは日本との関わり・・・

45万人が投票している(11月11日時点)ネットの意識調査では

 

Q 「トランプ氏勝利 日米関係はどうなると思う?」

・良くなる       8.7 %

・変わらい        23.8 %

・悪くなる      67.5 %

 

・・・そこはともかく、この「国」でも本音政治」が勢いをみせる気がします

蓄積していくフラストレーションのはけ口です

 

↓ 『現代ビジネス』

8か月前の、佐藤優さんの予測

なるほど・・・

 

《佐藤優が斬る! もしトランプが大統領になったら、世界はこう変わる》   (3月11日現代ビジネス/文化放送「くにまる・じゃぱん」)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48143

佐藤:同じですね。バーニー・サンダースは社会主義的な方法、トランプはファシズム的な方法で社会政策をやろうとしている。だから図式的に見ると、新自由主義による格差が行き過ぎちゃったから、一方においては社会主義、他方においてはファシズムが出ているという感じです。

日本も他人事ではない。特に子どもの貧困がひどいでしょう。6人に1人が食を欠くことがある。一人親の家庭の子どもは2人に1人という状態になっている。この格差がもう少し拡大すると、日本においても一方でサンダース現象、他方においてトランプ現象が出てきますよ」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「じいちゃんは晴れ男だね」 | トップ | スーパームン前夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

この「国」のこと」カテゴリの最新記事