地方で考える ●oyajiの侃々諤々

北信濃の豊かな自然と歴史に抱かれて過ごす日々・・・

ちょっと斜に構えてみれば
???と思うことも多いですね~

結婚して幸せに暮らしている彼女にプレッシャーにならずに、しかし、最後に一言告げずにはいられない・・・

2017-05-06 | Weblog

5月6日(土)                          24/13 ℃

 

早寝なのに、昨夜はさらに早寝だったので深夜に目が覚めました

一旦目が覚めるともうなかなか眠れません 

「睡眠時計」がくるっています

(年のせいです)

 

逆らわず庭に出て一服・・・

静寂です、と書きたいところですがそれはもう昔のこと

1kmほど先を走る高速道の車の音が、切れ間なく、まるで “怪獣の吠え声” のように聞こえてきます

 

GWもすでに終盤・・・

実家から帰路につく車

まだまだ観光に向かう車

勿論、そんな中で仕事している車

それぞれにストーリーがあります

パパの実家に帰った長女家族・・・

渋滞もなく、無事に帰れたでしょうか?

 

『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』の第4回は、手術での死を予感した男の、昔の恋人への代書物語でした

結婚して幸せに暮らしている彼女にプレッシャーにならずに、しかし、最後に一言告げずにはいられない・・・

そんな気持ち、わかるような気がします

(残念ながらjiiji にはそんな相手はいませんが・・・)

手紙にはそれだけの重さと深さがありますね

 

閑話休題

面接で「人となり」を見抜く!?

それも一度や二度で・・・・

難しいことです

 

《県職員採用に民間面接官、不祥事相次ぎ人物重視》   (5月5日YOMIURIONLINE)

「福島県は、今年度実施の職員採用試験から、民間企業から面接官を招いて実施するほか、面接回数も1回から2回に増やす。県人事委員会が2日に発表した採用試験の概要で明らかになった。昨年度は職員の不祥事が相次ぎ、犯罪捜査の対象になるケースも多かったことなどから、「人となり」を重視する採用過程に変更した」

 

「人となり」の部分・・・

それも奥深いところ

面接で見抜けるようなものじゃないかもしれません

職場環境を含めて、採用後に “育てるもの“ だと思います

努力は否定しません


GW中、義父の家の草取りをしました

散歩はパスです

今年も紅白の花をつけたハナモモが見事でした

小さな畑には、トマトやナスでも植えようかと思っています


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「何かおかしいと感じたら 声... | トップ | 「先制攻撃」よりも「斬首作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む