地方で考える ●oyajiの侃々諤々

北信濃の豊かな自然と歴史に抱かれて過ごす日々・・・

ちょっと斜に構えてみれば
???と思うことも多いですね~

「あれ何だ?」

2017-06-20 | この「地区」のこと

6月20日(火)                       32/12 ℃

 

NHKの『みをつくし料理帖』・・・・

澪(黒木華さん)と吉原の花魁・あさひ太夫(成海璃子さん)は幼なじみ

運命が2人を別々の道に切り離したのです

運勢占いによれば

「雲外蒼天(うんがいそうてん)」が澪

「旭日昇天(きょくじつしょうてん)」があさひ太夫

何やら2人の先を暗示しています

 

ところで6月10日(土)からは、NHK土曜ドラマ『ブシメシ』もスタート・・・

タイトルは『サラメシ』を連想させますし、江戸の「食」の話となれば『みをつくし料理帖』とダブってきます

が、どちらも面白い!

まぁ

「食」のドラマは切った張ったもなくて平和でいいですよ

 

18日は「父の日」・・・・

「無駄なことに金を使わないで、子どものために貯金しな!」

jiiji の本音です

それを楽しみにしている自分がいることも確か・・・

かくして今年も娘・息子からプレゼントが届きました

いろいろ考えての品選びでしょう

「母の日」も「父の日」も商業ペースですが、核家族化で普段は離れて暮らしている間柄には、それも “便り” であり “潤滑油” でもあり 

気持ちです

ありがとう!

 

21日は「夏至」・・・

北半球では、昼が最も長く、夜が最も短くなります

「早寝早起き」には過ごしやすい気節です

それにしても今年は「空梅雨」・・・

この辺りの稲作には千曲川の水をポンプアップしていますから、渇水の心配までは及ばないでしょうが、畑作物は痛手を受けています

わが家の家庭菜園も、やむなく水道水で潤します

 

 

「あれ何だ?」

高速道を走るたびに気になってきた、尾根上に新築された「社」です

今では葉に覆われて見えません

出掛けてみました

一帯は柏の木が多いですね

子どもの頃はこの葉を摘んで、祖母や母は自家製の柏餅を作りました

月遅れです

「社」は、説明板によれば、一帯の水利組合が昨秋に再建した「金毘羅宮」・・・

金毘羅さんは “水の神様” です

昔は隣村を流れる河川から水を引き、堤池に貯水して、稲作にあたりました

水騒動もあったようです

そんな歴史を込めている「金毘羅宮」でした

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「義父の散歩」 | トップ | 「見てない」「聞いてない」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

この「地区」のこと」カテゴリの最新記事