獅子丸のモノローグ

☆気まぐれ不定期コラム☆

日立全自動洗濯機「ビートウォッシュ」

2007年07月25日 | モノローグ

   
 14年ぶりに新しくなった我が家の洗濯機。日立の「ビートウォッシュBW-7HV」である。インターネットで調査した結果、妻が選んだのが、この製品だった(実売価格79,800円)。なんでも、今流行のドラム式の洗濯乾燥機よりも、洗浄力ではオーソドックスな全自動洗濯機の方に一日の長があるという。
   
 妻のインプレッションを簡潔に記すと、
1.洗浄力が今までの洗濯機と比べバツグンである。
2.水の量が圧倒的に少なくて済む。
3.洗った後に洗濯物が絡み付いていないのが、素晴らしい。・・・とのこと。
 洗濯機素人の私にも分かったのは、その静粛性である。その点は、私も褒め称えたい。

 だが、このような白物家電は、どうにも購入後のワクワク感や充実感に欠けるのは動かしようの無い事実。また、「MADE IN CHINA」であるこの製品の信頼性や耐久性も気になるところだ。そのへんの真実は、追ってこのブログにて報告いたします。

ジャンル:
その他
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 円山動物園にて | トップ | 鈴虫のお引っ越し »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (C4)
2007-07-26 14:27:11
1台を使い続けることの長い家電(洗濯機に冷蔵庫、テレビ)は買い替えた時に実感する技術の進歩に感心させられます。確かにワクワク感はないですけどね。家の洗濯機も数年前に2槽式から買い替えたんですけど、洗剤を勝手に入れてくれる事にすごく驚きました。まぁ僕が洗濯をする訳ではないんですが、
14年振りの洗濯機 (獅子丸)
2007-07-26 19:39:05
C4さん、こんばんは。
最新の洗濯機の機能に、妻は感心することしきりです。風呂の残り湯を取る機能も標準装備だし、簡易乾燥機能も付いているし、何よりその洗浄機能の素晴らしさに驚いていました。
問題は、やはり耐久性ですね。「MADE IN JAPAN」の旧洗濯機は14年持ちこたえましたが、果たして今度の製品は・・・その辺がちょっと不安ではあります。

コメントを投稿

トラックバック

くちこみブログ集(ライフ): ビートウォッシュ(日立) by Good↑or Bad↓ (くちこみブログ集(ライフ)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「ビートウォッシュ(日立)」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。